同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11ルーキー特集 : ソフトテニス部
'11ルーキー特集「ソフトテニス部 峯松健太朗・徳久貴大・原幹生」

第2回

'11ルーキー特集「ソフトテニス部 峯松健太朗・徳久貴大・原幹生」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

 

インカレVの起爆剤

 

華々しい活躍を重ねるソフトテニス部。この春、レギュラー陣を脅かす新鋭が入部する。峯松健太朗(商1)、徳久貴大(スポ1)、原幹生(スポ1)だ。

 

まず、上宮高校(大阪府)の元キャプテン、峯松。六歳からラケットを握り、積極的な前衛に成長。インターハイ団体戦では、全勝で悲願の優勝に貢献した。

 

だが、順風満帆なテニス人生ではなかった。小学校から中学へ、中学から高校へと進むたびにラリーの展開が速くなる。「強気でどんどん出ていく」前衛にとって、攻めのタイミングは命綱。経験で培ったテンポが狂い、悶々(もんもん)とする日々が続いた。しかし、スランプの乗り越え方に峯松のしぶとさが見える。「強くなりたいと苦しむのがスランプですから」。テニスが辛くても自分を追い込み、途中でやめる選択肢などない。練習の最後の一本まで自分に厳しく。対戦相手の監督や選手に意見を求め、使えると直感すれば即座に取り入れた。そうして壊し続けた壁が、峯松を高みへ押し上げたのだ。

 


3月のアジアカップでは早速Aチームに起用された峯松。「全然納得いかない」(峯松)と話すも、強気のプレーで善戦した。今後に期待がかかる。

 

 

ボールに回転をかけ打ち込む峯松

 

 

次に、汎愛高校(大阪府)出身の徳久。インターハイでベスト8の実力者だ。決して大柄ではないが、パワフルでよく拾う後衛プレーが特長。得意の前衛アタックでポイントを量産する。

 


高校ではキャプテンをつとめ、チームづくりに苦しんだ徳久。しかし、「部員みんなが一人ひとり話をしてくれた」(徳久)。引退間際のインターハイ予選では、決勝戦で敗れはしたが、「皆の心が一つに」(徳久)。チームで楽しみながら戦うことができ、やりがいを感じたという。

 


同じ後衛として、尊敬する選手は増田(商3)、清水(経4)。苦手なバックハンド克服のため、毎日一本打ちを欠かさない。まずは「レギュラー獲得したい」(徳久)という目標に向かって、日々努力を重ねている。成長が楽しみな選手だ。

 

 

力いっぱいラケットを振りぬく徳久

 


そして、同じく後衛の原。主将・柴田(スポ4)と同じ、岡山理科大学附属高等学校出身だ。過去最弱と言われたチームでインターハイBest4入りを果たしたことが、印象に残っているという。

 


得意なプレーはサーブ。正確なストロークと合わせて相手を翻ろうし、北山監督には「素材は天才的。今後が楽しみ」と言わしめる。高校と大学のテニスの違いに戸惑っているという原だが、「自分に足りないのは積極性。分からないことは、自分から先輩にアドバイスをもらうようにしている。一年生のうちから、卒業するまでにインカレで優勝するという高い目標を持ってやっていく」(原)と、意識の高さは秀逸だ。

 


技術面で周りからの期待が大きいだけに、消化不良を起こしがちだというが、「一年生らしくポジティブに。楽しく」(原)。スランプから抜けた時の大きな成長を、心待ちにしたい。

 

 

丁寧なフォームで狙いを定める原

 

 

2年生以上は後衛の数が少なく、徳久、原の存在がチーム全体を活気づけることは間違いない。さらに、去年まで前衛は柴田、石川、善野がほぼメンバーに固定だったが、峯松の今後の成長次第では変動もありうる。全体への刺激になるはずだ。全員で切磋琢磨し、さらなるレベルアップをはかれるか。


 

ソフトテニス部の戦績に唯一欠けている、インカレ団体V。若き優勝立役者たちが、チームの起爆剤としてコートに立つ日は遠くない。(三村久美子)

 


峯松 健太朗(みねまつ けんたろう)
商学部
178cm/65kg
出身校:上宮高校(大阪府)
主な戦歴:インターハイ団体優勝・個人Best32、U-17カップ優勝、近畿大会準V
趣味:洋画を観ること

 

 

徳久 貴大(とくひさ たかひろ)
スポーツ健康科学部
178cm/66kg
出身校:汎愛高校(大阪府)
主な戦歴:インターハイBest8、ゴーセン杯ハイスクールジャパンカップ大阪予選優勝、ハイスクールジャパンカップBest16
趣味:カラオケ・散歩
好きな言葉:心は技術を超える!

 

 

原 幹生(はら みきお)
スポーツ健康科学部
178cm/72kg
出身校:岡山理科大学附属高等学校
主な戦歴:インターハイ団体Best4・個人Best16、全国選抜大会Best8
趣味:音楽鑑賞

【'11ルーキー特集バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について