同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11秋季展望 : 軟式野球部
'11秋展望「軟式野球部」

全勝優勝で全国へ


昨季立命館との優勝決定戦の末、春2連覇を達成した軟式野球部。秋季リーグでは「全勝優勝」(中村主将・法3)での全国出場を狙う。



主将として2度目の関西制覇を目指す中村



春リーグ終了後、まず中村が取り組んだのは打線のテコ入れ。バント練習をあえて減らし、新チーム当初掲げていた“打ち勝つチーム”を目指した。そして今月中旬に行われた京都選手権。赤木(商2)ら下級生の活躍もあり、3試合で19得点と打線が機能。春から一回り成長したところを見せつけた。



ただ本来同志社が得意とするのはエース吉村(商3)を中心とした守り勝つ野球。「リーグ戦は手堅い野球をすることになると思う」(中村)と現実も見据えている。投手陣は昨季8勝の吉村に加え、左腕・中山(政策2)が台頭。制球に課題を残すも左打者へのツーシームは有効だ。昨季計2失策の土屋(スポ3)・赤木の三遊間を中心とした守備陣がこの2投手を盛り立て、攻撃に繋げる。ディフェンス面では関西随一の安定感を誇る。



打線でも上位を担う赤木は守備の要



春秋連覇を達成すれば全国へ進むことができるが、逃せば優勝チームとのプレーオフに回る。昨秋は立命館に春秋連覇を阻まれているが、中村は「自信はある。自分たちの野球を普通にできれば勝てると思っている」(中村)と意気込む。「全勝優勝」達成、そして2年連続の全国へ――。彼らの挑戦が始まる。(亀岡雅俊)

【'11秋季展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について