同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11秋季展望 : ハンドボール部
'11秋展望「ハンドボール部男子」
目指せ、初戦突破

春、初戦から敗北。そして修正を図った。目標としていた2位には届かなかったものの「いい経験ができた」(児玉主将・ス ポ4)と振り返れたリーグだった。そしてつかんだ西日本大会出場権。しかしこの大会でも初戦で同志社は苦い経験をする。春リーグと同様、初戦から負け、 崖っぷちに立たされてしまった。



7メートルスローを放つ児玉


振り返ればどれも自分たちの苦手を発見できた半年だった。その苦手こそ〝初戦〟の試合の運び方だ。どうしても気持ちがついていけず、試合に勝つという気持 ちに集中できない。結果、格下の相手でも負けを見てしまう。「トップのチームとも戦えない」(児玉主将)と自ら実感していた。さらに西日本大会で経験した 試合パターンもあった。それは同志社が負けている状態からいかに試合をひっくり返すか、ということだ。「試合を乗り越える力が必要」(守本監督)。相手に 追いついて追い越すには、体力・精神力ともに必要とされる試合展開になる。しかしこの2つが備わっていれば、相手を追い越せると同時に、リーグ初戦の気持 ちの入り方もいい方向に持っていくことができるだろう。



速攻を決める石崎(商4)


この半年で学んできたことを次のリーグでいかに生かすことができるか。初戦をものにすること。そして追いついて追い越す力をつけること。彼らが成長して臨む秋リーグは、残暑の残る9月上旬から始まる。(大澤はるな)

【'11秋季展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について