同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11秋季展望 : 日本拳法部
'11秋展望「日本拳法部」

男女とも活躍目立つ

 

男子の調子が右肩上がりだ。ここ最近の大会で、表彰台に上がる機会が増えている。「よく練習している。勝つ人は目標を持っている」(村山監督)。日頃の練習の成果が、素直に結果へと結びついている。しかし、下級生の活躍とは一転、肝心の上級生の成績が振るわない。「いいところまでいったが、力及ばず」(森本・経4)。悔しくもあと一歩のところで負けてしまう試合が多く見られた。だが、決して完敗を喫しているわけではない。「個々の力はついてきている」(豊濱主将)。西日本学生拳法個人選手権大会でも、結果が表れた。「次につながる」(豊濱)と好材料を得た様子だ。残す大会で、どれだけタイトルを手にするかは、上級生の奮起にかかっている。

 

 

身を低くし、鋭い突きでくりだす森本主将

 

 

「決勝に立たなあかん」(桝田・スポ3)。西日本学生拳法個人選手権を制した女王は、こうコメントを残した。この日、主将の近藤(商4)を筆頭に、金沢(商3)、福西(理工2)と同志社が誇る実力者が、あえなく敗退。「弱気になってしまった」(近藤)と悔しさをにじませた。そんななか、準決勝では桝田と松岡(商1)が潰し合う結果に。遠慮がちな松岡はなかなかペースをつかめず、桝田に試合を優位に運ばれた。「準決勝が一番つらかった」と桝田が言うように、決勝では危なげない戦いで栄冠を手にした。残りの試合では、王者の位置を虎視眈々と狙う他大学との激しい争いが予想される。勝って当たり前という重圧をはねのけ、王座死守なるか。黄金期を迎えている女子の躍動に、今季も注目だ。(北原育生)

 

 

準決勝、左・桝田と右・松岡の注目の一戦

【'11秋季展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について