同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11秋季展望 : アーチェリー部
'11秋展望「アーチェリー部男子」
踏み出した一歩

2011年6月26日、全日本学生アーチェリー王座決定戦。同志社男子アーチェリー部は準優勝という快挙を成し遂げた。今大会で4年生が引退。



王座優勝を後輩に託した4年生



そして、新チームとなって約2ヵ月。初の団体戦は関西4位、個人では松木平が関西制覇を成し遂げるも、上位に残るメンバーに同志社勢の姿は少なかった。今の状況では、関西で近大に勝つことも、全国の舞台で勝ち残ることも厳しいだろう。



新主将・北村(社3)



副将を務める音無(商3)



まずは、「優勝決定戦(春季関西リーグ)の70m安定して射てる選手を増やすこと」(松木平・経3)。さらに、「ポイントゲッターの土岐さんが抜けた穴は大きい」(松木平)。土岐が抜けた穴をどう埋めていくのか、3年生を中心にどのようなチームをつくり上げていくのか、まずはこの半年が勝負となる。



そして最終目標は、もちろん来年の王座決定戦。「勝って終わりたい。でも3位では満足できないから、もう優勝しかない!」(松木平)。これから多くの個人戦をこなし、個々のスキル上達に励む。男子アーチェリー部は学生王座へ向け、歩みだした。一歩一歩確実に前進すれば、必ずたどり着くはずだ。学生王座に登りつめるその日まで――、前進あるのみ!(野呂朋未)

【'11秋季展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について