同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11秋季展望 : 馬術部
'11秋展望「馬術部」
実力見せる正念場

春の関西学生馬術大会、そしてインカレ予選に値する夏の関西学生馬術大会を終え、秋にはいよいよ全国の舞台を迎える。立ちはだかる大舞台は全日本学生障害飛越大会(インカレ)と全日本学生馬術選手権大会(女子選手権大会)だ。


 

同志社のレベルをあげてきた松波(スポ4)



主将として、エースとして同志社をけん引してきた松波の抱いてきた目標。それは大学生活4年間の中で、個人として全日本のタイトルを一つでも獲ること。また、それだけではない。もう一つ、彼女の目標としてきたことは同志社馬術部にタイトルをあげることだ。今年いっぱいで引退を迎える松波にとって、11月に行われる障害飛越大会、12月に行われる選手権大会は目標をかなえるための最後のチャンスとなる。



今夏の関西学生馬術大会では松波、大熊(文情3)、宿野部(経4)が出場し、それぞれ無念の結果に終わった。個人優勝するためには減点0が必須であるのに対し、3人とも減点がつき入賞もならなかった。しかし団体結果では2位と健闘し、同志社全体のレベルの高さを見せつける。松波もこの大会を「みんなの調子を見れるいい機会」とし、あくまで目指しているのはインカレ団体での上位入賞としていた。全国の舞台を迎えるまでに各々のレベルをあげてくるだろう。カギとなってくるのはもちろん松波の個人成績であるが、来年同志社を引っ張っていくであろう大熊の成績も重要となってくる。



今後の同志社の強さを維持する存在である大熊。9月に行われた関西学生馬術選手権大会に出場し、全日本選手権の出場権も獲得した。余裕をもって出場権を獲得できたわけではないが、その実力を見せつける大舞台に立つことができる。一方の松波は去年の女子選手権大会で結果を残し、今年の同大会出場権をすでにつかんでいる。全日本タイトルの1つであるこの大会で悔しい思いをした。その雪辱を今年は果たしたい。松波を筆頭にレベルを上げてきた同志社。いよいよ正念場となってきたが、それは同志社の今の実力を披露する絶好の機会だ。(土屋晴香)

【'11秋季展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について