同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11秋季展望 : 空手道部
'11秋展望 「空手道部」
雪辱、そして期待の秋

昨年度、あと少しというところで悔し涙を飲んで来た空手道部。今年は組手、形ともに雪辱を誓う。



男子組手は、前主将らの抜けた穴を、期待の新人らが補う。注目すべきは、インターハイ優勝の実力を持つ小原、そして関西学生オープントーナメント・シニアの部で圧倒的な力で優勝を決めた中村(商3)。団体戦では、春からの課題である「小原・中村の他メンバーがいかに白星を挙げるか」が鍵となるだろう。団体戦としての戦いに期待がかかる。


 

粒揃いの女子組手。アジア空手道選手権-50kg級で見事準優勝を果たした大野(スポ1)、東西対抗戦代表で西軍勝利に貢献した山際(スポ3)、昨年度団体戦メンバーの猪原・北野・赤井がそのまま残っており、10月に行われる全関西学生空手道選手権では、団体メンバーの3名に誰の名が挙がるかも注目だ。



形・組手ともに期待のかかるルーキー大野



そして、女子形では、アジア空手道選手権団体形で優勝した柏木(スポ2)を含め、メンバーがそのまま残っている。全日本学生空手道選手権では、惜しくも準優勝という悔しい結果となった昨年度の雪辱を晴らしてほしい。



昨年度全関西学生空手道選手権で団体形優勝を果たした男子形。また、昨年度全日本でベスト8という悔しい結果に終わった宮崎(経3)。団体形二連覇なるか、そして宮崎は雪辱を果たせるかという点に、注目が集まる。



同志社空手道部。普段は賑やか、練習は厳しく。そんな彼らに似合うのは、悔し涙ではなく勝利の笑顔だ。秋季の彼らに期待したい。(岩崎友美)

【'11秋季展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について