同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11秋季展望 : ボート部
'11秋展望「ボート部」

勝ちにこだわり全国Vを

 

8月下旬に行われた大学選手権では予選で姿を消した同志社ボート部。この大会を最後に4年生は引退し、この秋からは南出主将(経3)の下、新チームが始動している。

 

 

ボート競技は「最高のシンクロ競技」との異名を持つ



昔オリンピックに出場した実績を持つボート部だが、今は全国の雄に敵わない。7月に行われた関西選手権でも5位と、思うような成績を残せずに終わっている。大学選手権のエイト種目に出場した4年生クルーは9人中3人。数としてはそれほど多くないものの、最上級生として先導してきた先輩たちの引退は「正直、大変厳しい」(南出主将)。そんな実践面での不安をカバーしようと、他大学の練習や技術、さらにはリギング(※艇調整)の徹底研究に勤しんでいる。研究対象は特に、“セレクションのいない強豪国立大”。それは、同じようにセレクションの人数が昨シーズンは植田元主将(商4)と澤(スポ2)と少ないという同志社の特徴を意識してのことだ。

 

 

活躍が期待される澤



創部120年と、同志社大学体育会で最も長い歴史を持つボート部。輝かしい戦績も数多く残してきた。新チームは新たな歴史を刻むことができるのか。「全ては勝つために――」。南出主将率いる新・同志社ボート部は“関西秋季選手権優勝”、“大学選手権優勝”を目標に掲げ、今動き出す。(鶴岡瑞恵)



※リギング(艇調整)とは

体格に応じてストレッチャー位置を調整したり、ワークハイトの変更、ブレードピッチ(角度)の調整、オールのインボードやリガースプレッドの調整等をすること。これにより、より漕ぎやすくしたり推進効率を改善したりすることができる。

 

★試合予定

▽9/24(土) 琵琶湖レガッタ

▽10/9(日) 京都レガッタ

これ以降にも出場致します。

【'11秋季展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について