同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'11秋季展望 : ラクロス部
'11秋展望「ラクロス部男子」

いまSTART!

 

近年関西5位から脱却できない同志社。今年こそはなんとしても悲願の「ファイナル3」へ出場したい。そこで今年掲げたスローガンは“START”。伝統がない分、歴史を今年から築いていく。その言葉からは例年にも増した闘争心が垣間見える。

 


昨年の一番の敗因はチーム力の欠如。高い個人の技術力に頼りすぎた分、一体感がなくなってしまった。その反省を生かし、今年は「みんなの力」(武藤主将)で戦うことを意識。また、ホイッスルが鳴る最後まで「走り切ること」と「ボールに寄ること」を重点的に取り組んできた。

 


そして開幕したリーグ戦。「初戦が一番大事」(武藤)。過去2年初戦を突破していないため、勝利を収めたい試合。相手は、昨季惜敗した立命館だ。しかし同志社は“走って”得点を積み重ね見事勝利。白星発進で最高のスタートを切った。だが続く2戦目京産大戦では接戦をものにすることができず惜敗。「この2戦負けたら終わり」(福谷副将・文情4)と、重視してきた試合だけに痛い黒星に。それでも、3戦目対神戸大戦では接戦を制し、さらにここまで白星を収めてきた京大に引き分けとするなど、ファイナル3出場へ粘りを見せた。しかし対龍谷大戦、前半の失点が響き、追い上げを見せるも惜敗。ファイナル3出場へと予断を許さない状況が続く。

 

 

今リーグ戦、チームの得点に貢献するATリーダー石神(経4)

 

 

「毎年爆発的なチーム力を持っている大学が最終的に勝ち上がる」(福谷)。終盤戦に向け、ホイッスルが鳴り響くその時まで10人のラクロッサーたちは走り続ける。白星だけを求めて――。さあ、ここから“START”だ!

(高橋歩美)

【'11秋季展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について