同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
2018年度 関西大学バレ...
関西学生バスケットボールリーグ戦
今までで一番の夏をーーー
'18夏の展望「...
月1座談会 第5弾「縁の下...
課題見えた全日本ダート
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ラグビー“Player of the Match 2011” : ラグビー部
帰ってきたキーマン:NO8 西林宏祐

10月16日、天理大戦。同志社フィフティーンの中にNO8西林(経3)の姿があった。ケガと体調不良によりこれまで出場機会がなかったが、リーグ前半戦の山場で満を持して復帰。FWのキープレーヤーがチームに帰ってきた。



西林は今年からポジションをCTBからNO8へとコンバート。春シーズンでは関東の強豪校に対しても、アタックが通用することを見せつけた。スクラムからのサイドアタックは、同志社の攻撃のオプションのひとつとなっている。また元BKの選手ということもあり、ラインに入っての攻撃参加も持ち味。ボールを持てばゲインラインを切ってくれるという信頼感がある。



試合開始直後、相手がキックオフをミスしマイボールスクラム。さっそくサイドアタックを見せ、ゲイン。33分のゴール前での相手ラインアウトというシーンで、オーバーしたボールを西林がキャッチ。そのまま押し込んでトライ。昨年の関西王者に対して、強靭な体を生かした接点の強さを見せつけた。



スピードと強さを兼ね備える、頼れるNO8だ



復帰戦でトライを奪うなど、同志社に西林あり、と言わしめる活躍ぶり。試合に出られなかった鬱憤を晴らすかのように一人気を吐いた。「関学戦は圧勝する」。試合に飢えたNO8がフィールドで躍動する。(谷津 駿)

 

 

西林宏祐(にしばやし こうすけ)
経済学部3年生
同志社高校出身
NO8
178cm/100kg

【ラグビー“Player of the Match 2011”バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について