同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ベストショット2011 : 体操競技部
ベストショット2011「体操競技部」

納得のあん馬

4月17日 関西学生体操選手権大会

 

納得のいく演技に、笑顔を見せる西井(社3)

 

 

関西インカレで、団体7位に輝いた同志社。「本番」(金本・社3)と見据える西日本インカレを控え、「個人のために、そしてみんなのために」(弦本・商4)。それぞれが力を尽くし戦った。中でも、序盤に躍動感あふれる演技でチームを奮い立たせたのが西井だ。得意のあん馬で華麗な足さばきを見せ、11.150をマーク。ミスをしやすい種目での西井の高得点に、残る5人のメンバーも奮闘し、見事7位入賞を果たした。

 

 

 

 

満足のつり輪

5月27日~29日 西日本学生体操選手権大会

 

集中した表情で演技を行う弦本

 

 

「やりきった」。この大会が引退試合となった弦本。団体17位、個人119位という成績ではあったが、その表情には満足が浮かんでいた。怪我に苦しんだ弦本は、4月の関西インカレが復帰初戦。ゆかでは躍動感あふれる演技を見せ、団体7位入賞に貢献した。迎えた西日本インカレでも、得意のつり輪で集中。「個人の演技を頑張ることが団体としての成績にもつながっていく」(弦本)と、後輩に最高学年として戦う姿を見せた。

 

 

 

 

躍進の新体操

8月2日~6日 全日本学生新体操選手権大会

 

フィニッシュで迫力の表情を見せる小椋(心理3)

 

 

全日本インカレで、小椋が魅せた。個人総合21位。一桁台は逃したが、上位に強豪校の選手がずらりと名を連ねる中、“同志社大学”の名を堂々と刻んだ。5月の西日本インカレでは5位に入賞。つなぎのダンスでも、つま先まで気を遣った美しい動きを見せ観客を魅了した。「ミスを減らせばもっと上を狙える」とのぞんだ全日本インカレでも、堂々の演技で迫力のフィニッシュ。最高学年となる来季の活躍に期待が高まる。

 


個人で競技を戦い、個人の技術がものをいう体操競技。しかし“みんなでつかむ”団体戦の栄冠にも、また違った大きな喜びがあるに違いない。それぞれの技を高め合い、来季さらなる飛躍を見せてくれ。(三村久美子)

【ベストショット2011バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について