同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ベストショット2011 : レスリング部
ベストショット2011「レスリング部」

新チーム始動へ!

12月3日~4日 西日本学生秋季リーグ戦

 

組み手を発揮する梅澤主将(スポ3)

 

 

「絶対に負けられない試合」。12月3日、同志社レスリング部2011が出場する最後の試合が行われた。

 

 

「勝つことしか考えていなかった」と文珠前主将(商4)が言うように、この大会では選手一人一人が己の出せる限りの力を出し切った。大学からレスリングを始めた千賀(心理3)は対桃学大戦にて、リーグ戦初勝利を挙げる快挙。文珠前主将も、この4年間幾度直接対決を繰り広げるも一度も白星を飾れなかった因縁の相手・長尾(近大)に、見事勝利を果たした。大会前日に38℃を超える高熱を出し、初戦を欠場していた梅澤主将もまた、その例外ではない。クリンチでリードされた1ピリオードから、2ピリオードを気力で取り戻す苦しい試合展開。勝負の3ピリオードのラスト30秒で、飛び込んだ片足タックルを切られバックに回られてしまう。再逆転は困難かと思われたそのとき、彼は猛然とタックルに飛び込み、渾身の力を振り絞ってバックを取った。

 

 

こうして同志社レスリング部2011は前回よりも1つ順位を上げ、西日本5位となった。試合後、「これからも大変なことは多いと思うが、来年は今年よりももっと強いチームにしていってほしい」(文珠前主将)とエールを送られた梅澤主将。「文珠主将は、本当に理想的な主将だった。心の支えにしている部分もあったので引退されるのは寂しいが、これからは先輩に引けを取らぬよう、精一杯頑張っていきたい」と意気込んだ。梅澤率いる新チーム、同志社レスリング部2012に期待だ。(田中怜奈)

【ベストショット2011バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について