同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12春の展望 : ソフトテニス部
'12春の展望「ソフトテニス部」

あらためて、関西王者へ

 

ついに、雪辱のシーズン開幕――。昨年、関西・西日本・全日本大学王座で頂点を手にしながら、唯一逃したインカレ団体から8か月。4月21日・22日の関西選手権(シングルス)を経、28日・29日に関西春季リーグ(団体戦)を迎える。

 


関西リーグは、1チームダブルス4本、シングルス1本の計5本で戦い、6校総当たりで頂点を争う。同志社の属する1部リーグは、昨年の春と秋で大きく順位が変動。この春も各校に有力ルーキーが名を連ね、混戦が予想される。さらに、シーズンをうらなう大切な一戦であり、現在6連覇中(春・秋通算)の同志社は、重圧とも戦わなければならないだろう。

 


カギを握るのは、まず増田主将(商4)だ。昨年の春夏シーズンに出場した大会は、学生・一般の部ともにほぼ優勝か準優勝。ストローク力、ネットプレー、反応、粘りなど、技術においてトップクラスだ。主将として背負う“リベンジ”への思いが、プレーにさらなる勢いをつけられるか。

 

 

今年、チームを率いる増田主将

 


そしてもうひとつのカギは、メンバー争いだ。柴田(スポ卒)前主将を筆頭に、ほぼ不動のレギュラーを張ってきた4年生が抜けた穴を誰が埋めるのか。6人精鋭のインカレ団体を戦った善野(副将・スポ4)、峯松(商2)に加え、3月のアジアカップでBest8入りに貢献した石川(法4)、眞野(スポ4)、徳久(スポ2)、続いて昨年のリーグや王座で腕を鳴らした藤崎(社4)、足立(商3)、原(スポ2)など、有力選手がひしめく。

 

 

「個人でも上を狙いたい」と話す眞野

 


さらに、楽しみなのが大型ルーキーの存在だ。最高戦績が国体V、インハイ団体Vの林(スポ)、ジュニアジャパンカップVの萩原(スポ)を筆頭に、粒ぞろいの新鋭が入部。すでに数名が春合宿に参加し、しのぎを削っている。アジアカップでは勢いのあるプレーを見せ、即戦力となる可能性も感じさせた。

 

 

注目のルーキー、左・萩原、右・林

 


厳しい戦いが予想される春リーグにむけ、北山監督は「大いに競争させる」。体幹から鍛え、基本を固め直し、校内戦を重ねて上を目指すビジョンだ。「誰が出るか分からない。『レベルが落ちたと言われたくない』という皆の気持ちを、向上心につなげてどんどん出てきてほしい」(増田主将)。残り1ヶ月、高め合われたチームからの9人が、今年も春の激戦を制してくれるに違いない。(三村久美子)

 

 


練習後、全員で体幹トレーニングを行い体力アップをはかる

【'12春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について