同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12春の展望 : カヌー部
'12春の展望「カヌー部」

いざ関西制覇へ

 

昨年は関西2位に輝いた同志社カヌー部。今年はチームの主軸である千々波(法4)や坂田(商2)、栗本(社3)、細川(スポ3)に、期待のルーキー柘植(スポ1)が新たに加わる。目標を「200点以上での関西制覇」に定め、新たなシーズンへと突入した。


 

4年をかけて関西で優勝できるチームを築きあげるという「4ヶ年計画」の2年目にあたる今年。しかし、カヌー部はその計画にこだわらず、今年から貪欲に関西制覇を狙っていく。昨年は王者立命館に大きな差をつけられたが、レーンアウトや転覆などで本来の力を出し切れなかった。それだけに千々波は「本当の実力を出し切れれば大差は無い。夏には勝つ」と、自信を持って言い切った。

 

 

「200点以上での関西制覇」を果たすには個々人の実力はもちろん、カヌー部全体での“チーム力”も必要になってくる。「練習から声を掛け合ってきつい練習を乗り切り、粘りのあるチームを作っていきたい」(千々波)。「しんどいときにどれだけやれるかは自分次第。自分に負けないことが大事」(坂田)。過酷な練習を自らに課し、さらなる鍛練を重ねる同志社カヌー部。目標である関西制覇に向かい、チーム一丸となってそのパドルを漕ぎ続ける。(竹内淳人)

【'12春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について