同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12春の展望 : 相撲部
'12春の展望「相撲部」

関東の壁を打ち崩せ!!

 

昨年7月の西日本選抜大会で強敵・近大を倒し11年ぶりに西日本を制した同志社相撲部。個人でも神山(社4)が同大会で優勝を飾るなど輝かしい成績を収めた。しかし、万全の布陣で挑んだ11月のインカレでは団体予選敗退というまさかの結果に終わり関東の厚い壁を改めて感じることとなった昨シーズンであった。

 

 

「西日本優勝、そして全国で勝つ」。主将神山が語るように昨年の借りを返す今シーズン。まずは監督が変わりチーム体制が一新した。練習から意識を変え、日々稽古に励んでいる。

 

 

ぶつかり稽古で立ち合いの感覚を確かめ合う神山と竹村(商3)

 

 

また去年のレギュラーが3人抜け、ケガでエースの神山の調整が遅れていることで今年は誰が出るかわからない。インカレ個人ベスト16の小林(法4)、そしてケガが癒えた木原(法3)の主力2人の間に割って入れるか。残り3枠を巡ったレギュラー争いが過熱している。インカレ個人ベスト32となるなど去年の秋から調子をあげている竹村と昨シーズン1年間を通して安定した成績を残した大喜多(商3)に加え、1年生から団体戦に出場している築本(法2)がGWから始まる公式戦でどれだけ自分の力をアピールできるかがレギュラー定着の鍵だ。

 

 

試合さながらの気迫ですり足稽古をおこなう築本

 

 

またケガで去年一年棒に振った太田(社2)と和歌山からやってきたルーキー寺本(社1)も虎視眈眈とレギュラー奪取を狙っている。

 


当面の目標は6月に控える西日本大会。昨年惜しく準優勝で終わっただけに、神山も「選抜大会だけでなくこの大会で優勝したい」と意気込みも強い。ライバルである近大・九情大を倒して西日本で結果を残すことが全国で勝つための最低条件。まずは春、夏場所。関東の厚い壁を崩すための土台を西日本優勝という形で固めたい。(尾藤央一)

 

 

 


 

【'12春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について