同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12春の展望 : 陸上ホッケー部
'12春の展望「陸上ホッケー部男子」

4年ぶりのインカレ出場へ

 

近年は成績が低迷し、昨年はついに3部に降格した男子陸上ホッケー部。再起をかけ、チームを引っ張るのは岩本主将(文情4)だ。4年ぶりのインカレ出場に向け、チームを鼓舞している。

 

 

チームの今後を担う岩本主将

 

 

「今年は攻めるだけでなく攻め切れるホッケーをしたい」(岩本主将)。昨年は決定力不足に悩まされた。決定機を作るもゴールを決めきれず、ミスからカウンターをくらう場面が目立った。課題を克服するために冬季練習では体力向上とスキルアップを目標に2部練習を行った。また「実践経験が少ない」(岩本将主将)と昨期の2倍以上もの練習試合を敢行相手は1部リーグや2部リーグに属する強豪校たちだ。10試合以上行う中、勝てた試合もあり「上でやれる手応えはつかめた」と、部員たちは浮上への糸口を見出した。


 

5月から春季リーグが開幕する。優勝すればインカレ出場に一歩近づく。「優勝しか頭にない」(岩本主将)。下剋上を成し遂げ悲願のインカレ出場へ――。チームの真価が問われる時が来た。 (射場本綾)

 

 

攻めのプレーでゴール量産を狙う前山(理工2)

 

 

守りのキーマンとしてさらなる期待のかかる堀場(商3)

【'12春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について