同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
京都市民総合体育大会スケー...
京大定期戦
中山、希望の8強
フルーレ女子、西日本で力及ばず
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年2月
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
'12春の展望 : 馬術部
'12春の展望「馬術部」

飛び越えろ!

 

今年も三木ホースランドパークで開催される、春の関西学生馬術大会(春関)。人馬一体となってさまざまな高さの障害を飛び越える。まずは関西での同志社復権を目指すための大きな大会である。

 

 

その中で1番の注目は、主将として同志社馬術部を引っ張る大熊(文情4)だ。昨年行われた全日本学生馬術大会で団体6位に導いた中で現在唯一の現役である。ここまで走りこみなど基礎的な練習を重ねてきた。いよいよ春関、ラストイアーの真価が問われる。「心配なし」(大熊)。最も難易度の高いMBクラスについてこう語るなど、準備万端だ。

 

 

バランスを心がけて騎乗する大熊

 

 

他の選手もしのぎを削り関西の頂点を目指す。その前に立ちふさがるは強敵たち。昨年全国を制した関大は圧倒的な力を誇っていた。しかし、「関西は勝たないと、ぎゃふんと言わせます」(大熊)。新生同志社馬術部が今、大きな壁を飛び越える。(福田哲大)

【'12春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について