同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12春の展望 : ボウリング部
'12春の展望「ボウリング部」

悲願の優勝を

 

実力ある選手が卒業し、戦力ダウンが心配される今季の同志社。「リーグ2位以内を目指す」(石川・生命3)と関西上位は死守したいところ。強豪・京産大を筆頭に、近大、京大と手ごわいライバルが多いが、チーム一丸となり今季こそ優勝を勝ち取りたい。

 

 

男子チームの中心選手は、前主将で関西屈指の実力者・平岡(スポ4)。大学1年生から中心選手として活躍し、個人では何度も関西優勝を果たしてきたチームの大黒柱。今年は大学ラストイヤーであり、優勝に懸ける思いは大きい。2年生ながら平岡と肩を並べるほどの存在となった西川(スポ2)もチームの柱として大きく期待がかかる。ルーキーだった昨年は、団体メンバーに加わるだけでなく、関西新人戦、個人リーグで優勝し、関西最優秀新人に選ばれた。今季も昨年と同様の活躍が期待される。

 

 

大黒柱として期待がかかる平岡

 

 

 

昨年に続き期待がかかる西川

 

 

2人に続くのが昨年から大きく成長した鳥居(社2)。昨年から試合に出ており今季は団体戦メンバーにも選ばれて、今季は周囲の期待も大きい。今年度主将のなった石川はプレーだけでなく、チームのまとめ役として精神面からもチームを引っ張る。4年生の山口(商4)、山本(生命4)は春の個人リーグで上位進出に期待がかかる。植渕(商4)、南部(法4)もラストイヤーにかける思いは大きい。

 

 

チーム内では団体戦5人のメンバー争いも激しく、個人個人の成長がチームの成長につながっている。昨年より成長した姿をみせ、今季こそリーグ優勝を勝ち取れるのかに注目だ。

 

 

個人で全国上位を目指す甲藤(スポ4)

 


女子は、関西屈指の女子ボウラーの甲藤(スポ4)に注目だ。昨年はプロボウラーに勝利して関西制覇するなど実力をみせつけた。最終学年の今季は、意気込みも大きく個人では全国で上位入賞が期待される。しかし、団体戦は現時点で部員不足のため、出場の条件である3人に達しておらず出場することが出来ない。出場できれば全国でも上位が期待できるだけに早期の新入部員が望まれる。

 

 


一丸となって今春も戦う同志社

 

 

近年、関西では常に上位の活躍を見せている同志社。今季、卒業生が抜けた新チームでどのように関西リーグを戦っていくのか、これからの同志社の戦いに注目だ。(児島弘樹)

【'12春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について