同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12ルーキー特集~未来のHEROES~ : 水泳部
'12ルーキー特集「水泳部」

2012年、水泳部(DUS)にはマネージャー1人を含む7人の1年生が入部した。その中の1人、近大附属高校出身でイトマンSSに所属する高野(スポ1)が、つい最近まで日本を沸かせていたロンドン五輪で競泳日本代表選手として女子800mリレーのアンカーを務めたのは記憶に新しい。

 

 

そんなスポーツの聖典で輝く高野に刺激を受けながら、同じ頃、DUSの他のルーキーたちは関西学生選手権、通称・関カレでそれぞれのレースを戦っていた。その関カレで毎年、DUSが伝統として続けているのが、1年生による“若草萌えて”の合唱だ。

 

 

大会2日目の昼休み、学ランに身を包んだ1年生たちが同志社の応援席の前に整列した。そして、緊張した面持ちを見せるルーキーたちがおもむろに歌い始めると、それを見守っていた先輩たちも声高らかに合唱し、“若草萌えて”が試合会場に大きく響き渡った。

 

 

”若草萌えて”を歌う1年生たち

 

 

この“若草萌えて”は関カレという大事な舞台でのDUSの士気を高めると同時に、チームとしての団結も固めている。大学対抗で点数を競う大学水泳は、チームの人数が多い方が有利だ。実際、関西で1部(男女3部まである)にいる大学はほとんどが50人ちかい部員を抱えている。そんなの中で、20人ちょっとのDUSが1部から離れたことがないのは、一人ひとりが頑張っているというのはもちろん、少人数だからこその団結力の強さがあるからだ。1年生たちは“若草萌えて”を経て、チームに真に仲間入りしたのではないだろうか。このままインカレへ向けて一人ひとりがチームの強さになって欲しい。(山崎美春)

 

 

”若草萌えて”がチームの士気をあげる

 

 

左から西川、前川、大平、福島、西能

 

 

 

高野綾
スポーツ健康科学部
164.5cm
出身校:近畿大学附属高校
趣味:ショッピング

 

西川 徹
商学部

174cm/65kg

出身校:太成学院大学高等学校

趣味:ラーメン巡り

 

前川知佳子
商学部

169cm

出身校:太成学院大学高等学校

趣味:ラーメン巡り

 

大平有莉
法学部

165cm

出身校:同志社香里高等学校

趣味:美味しいものを食べること


福島拓朗
スポーツ健康科学部
170cm/66kg

出身校:九州学院高等学校

趣味:原チャでドライブ

 

西能正剛

経済学部

182cm/75kg

出身校:富山県立高岡高等学校

趣味:映画鑑賞

【'12ルーキー特集~未来のHEROES~バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について