同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12秋の展望 : 陸上競技部
'12秋の展望「陸上競技部」

立で挑む集大成

 

8月に岐阜で合宿を終えた陸上競技部(長距離を除く)。いよいよ9月には国立競技場でインカレが始まる。同志社からは個人種目とマイルリレーを含めて17名が出場予定だ。

 

 

特に期待されるのは、昨年のインカレで8位入賞に入った安藤(商4)だ。今年の関西インカレでは連覇を狙うも「何が悪いのかわからない」とスランプになり、3位という結果に終わった。だが、その後の西日本インカレ以降、徐々に感覚を取り戻し15m後半を跳ぶアベレージをマーク。さらに8月に行われた四国選手権では15m83(+1.6)の自己ベストで優勝し、決戦に向け調子を上げてきた。「16mを跳びたい」。これはシーズンが始まる前に語ってくれた言葉だ。今年のランキングでは日本選手権で優勝した岡部(福大)が16m54で堂々の首位に立つものの、その他の選手はまだ16mを超えていない。安藤が表彰台に上がるためには16m越えが一つの目安になるだろう。

 

 


 大ジャンプが期待される安藤

 

 

一方、昨年の西日本インカレで800mを制した和田(スポ4)もラストのインカレに挑む。4月以降はあまり調子が上がらず、不本意な結果に終わってきた。夏を乗り越えた今、国立でみせるラストスパートに注目だ。

 


同志社勢として久々に長距離パートから石井(経3)が出場する。長距離は関東でレベルが非常に高く、石井がその牙城を崩せるかに注目だ。元々、石井は関東の高校出身であるが、「関東を倒すために関西にきた。やっと挑戦できる」。打倒関東を目標に3年間地道に努力してきた。特に5000mで勝負したいと語っていた石井。関西インカレでみせた前半からの積極的な走りをインカレで発揮してほしい。

 

 

「大舞台には弱い」と精神面での課題を口にしてきた110mHの桐山(商2)。今シーズンは自己ベストをマークするなど好調をキープしているが、関西インカレなどの決勝では「だめだめだった」と緊張で満足に走れていない。プレッシャーという大きな壁を乗り超えることができるか。桐山の真価が問われる。

 

 

真価が問われる桐山

 

 

ルーキーとして初めて出場する男子走り高跳びの松田(スポ1)と女子走り高跳びの北島(スポ1)。入学時には「自己ベストを更新してインカレに出たい」と抱負を語ってくれた両者。関西インカレでは2m02を跳んで松田が優勝を果たし、北島は1m67で準優勝を果たした。自己ベストこそまだ更新していないが、徐々に新しい環境に慣れてきた2人。インカレでのルーキーらしい、堂々とした跳躍に期待だ。(射場本 綾)

 

 

マイルリレーにも期待がかかる

 

 

 

天皇賜盃 第81回日本学生陸上競技対校選手権

9月9日(日)~12日(水) @国立競技場(東京都)

 

☆出場者

男子三段跳び: 安藤

男子800m::和田

男子5000m、10000m :石井

男子110mH:桐山範大、

男子走り高跳び:松田

女子400mH:鹿島、鈴木(スポ2)

女子やり投げ:吉見

走り高跳び:北島

男子4×400mリレー:谷(理工3),森(社3),清水(文情2)、山下(スポ2),奥口(スポ2)

女子4×400mリレー:藤井(スポ3),石田(スポ2),久下(理工2),濱田(スポ2),鈴木,<WBR>鹿島

【'12秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について