同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12秋の展望 : ハンドボール部
'12秋の展望「ハンドボール部女子」

先輩超えへ!まずはインカレ出場権獲得

 

8月10日から行われた西日本インカレ。同志社は予選リーグで敗退し、インカレ出場権も獲ることができなかった。

 

 

まず初戦の大体大戦。次戦の環太平洋大戦に向け、オフェンスの形をしっかり試すはずが、自分たちのプレーができず13-24で敗戦。インカレ出場権を獲るために照準を合わせていた、2戦目の環太平洋大戦にも17-27で敗れる。勝負だと考えていた環太平洋大戦。他大学からビデオをもらい、ディフェンス・オフェンス両面において研究しチームも対策を立てた。それでも自分たちのオフェンスができず、逆速攻をくらう形になり、そこから相手に流れを渡してしまい敗戦。3戦目の福岡教育大戦にも勝利することができず、インカレ出場権を逃した。西カレを総括し「力不足というよりは、練習していたものが出せなかった」と櫻井主将は振り返った。

 

 

西カレを通じて出てきた課題はオフェンスと、選手個人の意識。オフェンスでは相手の前に出てくるディフェンスに対して足が止まり、自分たちのプレーができないこと。また、チーム全員で雰囲気を盛り上げるということが今までなかなかできず、精神面が原因で負けてしまった試合もあった。これらの課題克服に向け、同志社は北國銀行との合宿を実施。西カレでできなかったことを中心にオフェンスの練習にも取り組んだ。加えて参考となったのが実業団の試合や練習に取り組む姿である。誰かが出した声に反応する、ミスをしても全員で雰囲気盛り上げるなど、同志社になかった姿がそこにはあった。今彼女たちは、合宿や練習を積み、技術面とメンタル面の両方において確かな手応えを感じている。

 

 

秋リーグでは新たな彼女たちに注目したい

 

 

櫻井が主将になってからずっとチームが掲げてきた目標は『インカレベスト8』。9月に行われる関西リーグでは、同志社を合わせ関西の4つの大学でインカレ出場権を争うため、昨年より厳しい戦いになることは間違いない。しかし攻撃と守りの技術向上、チームの意識の改革とやれることは全てやった。チーム最大の目標に向かって、ゆずれない大事な戦いが始まる!(鈴江勇人)

【'12秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について