同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12秋の展望 : トライアスロン部
'12秋の展望「トライアスロン部」

王座を奪還せよ!

 

昨年は学生トライアスロン大会全制覇を成し遂げたが、今年はまだ表彰台の頂点へ上がることができていない同志社トライアスロン部。デュアスロン、スプリング選手権、インカレ予選と準優勝に甘んじてきた。だが、インカレだけは譲れない。この夏もインカレの舞台である香川県観音寺市で合宿を行うなど、王者復権へと肉体を鍛え上げてきた。

 

 

スプリング選手権、全力で走る笠井(院1)

 

 

インカレ予選では単独でのバイクとなった平岡(スポ2)

 


インカレには男子が15名、女子が2名出場。同志社が連覇を狙う団体戦はチーム上位3名のタイムから結果が決まる。チーム全体のレベルが高い同志社。誰もが好タイムを期待できるだけに、全員一丸となって勝利をつかみに行く。

 

 

フィニッシュ直前で力を振り絞る堀内(理工2)

 

 

懸命にペダルを漕ぐ三村(政策4)

 


特に期待したいのは、昨年のインカレ団体優勝メンバーである笠井と三村。経験豊富な上野(スポ4)、中塚(院1)、また、昨年末から急激に力をつけてきている平岡と堀内の2年生コンビにも注目だ。それぞれが自分の得意分野で引っ張ることができるかが団体優勝の鍵を握るだろう。また、男子のレースは昼からということで、いかに炎天下の中で自分のパフォーマンスができるかがポイントとなってくる。

 

 

今年も、観音寺で笑うのは同志社だ

 


インカレ予選後、誰もが口にした言葉があった。「インカレで借りを返す、立命館にリベンジする」。スプリング選手権とインカレ予選はどちらも立命館に敗北した。もう準優勝はいらない。彼らが欲しているのは優勝、ただそれだけだ。9月2日、観音寺の青空の下で、同志社の頂点奪還へ向けた戦いがスタートする。(大久保 南)

【'12秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について