同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12秋の展望 : 馬術部
'12秋の展望「馬術部」

高く飛ぶのみ!

 

11月の3日から7日にかけて行われる全日本学生馬術大会、通称インカレ。その中で、今年は最初の2日間で行われる障害飛越競技において同志社は昨年団体6位入賞を果たした。そのメンバーが大幅に抜けた今年だが、さらなる好成績が期待される。

 

 

昨年入賞を果たしたメンバーで唯一残ったのは主将の大熊(文情4)。常に騎乗時の良いバランスを心がけて競技に臨んでいる。春、夏の関西の大会が終わった後大熊は「ラストは全日本」と、この1年間はずっとここへと焦点を合わしてきた。今年はいよいよ最終学年、昨年までの経験を自身学生最後の全国という大舞台で最大限発揮したい。

 

 

大熊がもうすぐ学生最後の全国の舞台に立つ

 

 

そして、その主将と共に闘うであろう残りの団体メンバーは全員が1年生になる可能性が高い。その中でも1番の注目は品川(商1)。春の関西大会では個人で3位というルーキーらしからぬ活躍をみせた。そんな品川は入学してまだ間もない4月の時点で今年の目標を「全日本学生を勝ちたい」。初めから目指すは全国の頂きであった。

 

 

ここまで最高の活躍をみせてきた品川

 

 

昨年この舞台を制したのは関西のライバルでもある関大。今年はここまで関西の大会でも一度も関大の上に立つことはできていない。しかし、チームそして個々で勝つことを目標にしてきた全日本の舞台。まだ負けてはいない。最後に上に立つ者こそ勝者、より高きを目指すのみだ。(福田哲大)

【'12秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について