同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12秋の展望 : バレーボール部
'12秋の展望「バレーボール部女子」

目指すは「トーナメントでの結果」

 

創部以来8部から順調に昇格を続けるバレーボール部女子。6部の今季も開幕から敵を寄せ付けず、2連勝。盤石の強さを見せている。だが「6部はセットを落とさず昇格したい。そしてその先のトーナメントで結果を残すことが目標」(大久保副将・経3)。リーグよりもその先の関西選手権、そしてインカレに目が向いている。

 

 

長身から強烈なスパイクを放つ八十科(商1)

 

 

そこで新しいチームの中心となりつつあるのがアタッカーの八十科とセッターの清森(スポ1)だ。174cmの八十科と169cmの清森と長身から高さのある攻撃は間違いなく相手にとって脅威になるだろう。だが長身の魅力はそこだけではない。「ブロックが期待できる」(安田監督)。長身のブロックが攻撃に繋ぐ、それが同志社の新しい攻撃パターンになる。

 

 

1年生ながら夏からチームのセッターを務めている清森

 

 

夏はサーブカットなど基本的な練習から負けてる時を想定し、そこから逆転する練習などを練習した。大切なのは「チームの雰囲気」(大久保副将)。新しい選手が台頭を見せ、成長期にある同志社。格上のチームを相手にどれだけの試合を出来るか、見ものだ。(原田将人)

【'12秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について