同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12秋の展望 : ソフトボール部
'12秋の展望「ソフトボール部男子」

見せろ!猛攻


8月に行われた西日本大会では惜しくもベスト8に終わった男子ソフトボール部。この大会限りで4年生は引退し、同時に新体制のチームが始動した。

 

 

新チームで投手陣の柱となることを期待されているのはセンス抜群のルーキー、佐野(政策1)である。打撃面でも3番を任される佐野がエースに定着すれば、打線にも厚みが出る。これまでは小技を絡めて得点を狙うスタイルだった上位打線。しかし満足のいく結果は出なかった。新チームでは中原(経2)・主将の井部(商3)が攻撃的な1、2番を構成する。続く佐野・瀬戸(文情3)の3、4番を中心に打線は破壊力抜群で、下位打線からも大量得点が見込める。「上位打線が二つあるような打線」(井部主将)の爆発力が、チームの勝利には欠かせない。

 

 

一方で、課題が多く残るのは、遊撃手以外の3人が抜けたセンターラインを中心とした守備面だ。特に今リーグから正捕手を務める安藝(商1)は試合経験が少ない。その中で、将来も見据えての1年生バッテリーの起用は果たして吉と出るのか。

 

 

佐野のピッチングに期待

 

 

秋季リーグにおけるチームの目標は優勝だ。井部主将も、「今年は狙える戦力。昨年よりも強いと思う」と手応えを感じている。その先に見据えるのは、チームのテーマである秋春リーグ連覇だ。(大原和也)

 

 

チームをけん引している井部主将

 

 

1番バッターの中原

【'12秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について