同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'12秋の展望 : フェンシング部
'12秋の展望「フェンシング部」

団結力で勝負!

 

10月17から21日にかけて大山崎町体育館(京都府)で行われる関西学生選手権(関カレ)。同志社からは男女ともに全種目に出場し、インカレ出場を目指す。

 

 

春の関西リーグでは、総合4位に終わった男子。決して満足のいく結果ではなかったが、エペリーグでは全勝優勝を果たし圧倒的な強さを見せつけた。その快挙の主役となったのが宇山(商3)である。「自分が点を取れるポジション」(宇山)。春と同様、関カレでも彼の活躍がエペ団体の命運を握るのは間違いない。そして、優勝の為に山口(商4)、若松(商3)の活躍も不可欠だ。「耐えて耐えて、宇山につなげたい」(若松)。山口はフルーレ、若松はサーブル専門と両選手ともエペを専門としていないが、この2人の奮起なくして優勝は不可能だろう。むろん一方で、「フルーレは負ける気がしない」(山口)、「サーブルは自分が流れを作る」(若松)とそれぞれ専門種目に対する思いはいっそう強い。種目の垣根を超えて、チーム一体となった団体戦を目指したいところだ。

 

 

相手の攻撃をかわす宇山(右)。個人戦優勝の大本命でもある

 

 

一方の女子。関カレを制するポイントは“勢い”だろう。「関西の実力は団子状態」(桜井・商4)と、現在、関西では突出した大学が無く、どの大学が優勝してもおかしくない混戦模様だ。そこで、重要となるのがチームの勢い、雰囲気である。「勢いに乗れば勝てる。団体戦の時こそ盛り上がりたい」(桜井)。全員が一丸となって団結力を発揮すれば、他大学を圧倒できるはずだ。しかし、「5日間も大会が続くため、体力面が心配」(大橋・スポ4)。万全のコンディションを保ち、全力で試合に臨み続けたいところだ。

 

 

女子の試合に男子も駆けつけ応援する。抜群のベンチワークで、好成績を挙げたい

 

 

「関カレ、そしてインカレで団体優勝を目指す。有終の美を飾りたい」(山口)。主将の山口は大舞台へ向け、力強く意気込んだ。4年生にとって残す大会もわずか2回。彼らの集大成を見せる時が、すぐそこまで来ている。「みんなで笑って引退したい」(大橋)。1ヶ月後、ピスト上には最高の笑顔が咲き誇っているはずだ。(藤井悠斗)

【'12秋の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について