同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
近大に快勝。大学選手権へ望...
田辺での最終戦を完勝で終える
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
3月のWEB企画 : 陸上競技部
2010年展望「陸上競技部」

第3回

2010年展望「陸上競技部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

カギとなる「さらなる底上げ」

 

女子棒高跳びの我孫子(社卒)と女子競歩の占部(文卒)を欠く2010年度。エース2人を失った同志社だが、個々の底上げができれば、昨年以上の活躍が見込める。

 

 

まずは短距離。新戦力を加えた女子4×400mリレーに期待がかかる。予想されるメンバーは中村(スポ3)と新入生3人。非常に若い組になるが、ケガなくレースに臨めれば関西選手権での優勝も狙える。

 

 

そして中長距離種目。男子800m高校ランキング5位で入学した和田(スポ2)の復活が重要となってくる。昨年は西日本選手権に出場したものの予選落ち。エース山谷(文3)とともに力をつけてインカレ出場を目指したいところだ。さらに昨年関西選手権を優勝した男子競歩の鶴崎(政策4)。1月に自己ベストを更新し、現在着々とタイムを伸ばしている。さらに力をつけて、西日本選手権で優勝を狙いたい。昨年念願の全国の舞台を経験した女子競歩の白石(文3)とともに、今年も競歩には期待がかかる。

 

昨年の西日本選手権で力走する男子競歩の鶴崎(政策4)

 

駅伝は昨年のびわ湖駅伝に出場した8人中6人がチームを引っ張る。今年は全日本大学駅伝の予選会にも出場できるため、なんとか予選を通過して、伊勢路を走りたいところだ。また、昨年シード権を獲得したびわ湖駅伝は経験を活かして5位以内に入り込みたい。厳しい戦いとなるが、個々の記録アップで十分に上位を狙えるチームにはなっている。

 

 

そして同志社のポイント、フィールド種目。毎年全国でも名をとどろかせている種目だが、中でも注目なのが男子三段跳びの安藤(商2)。昨年の日本ジュニアで準優勝した実績を持っている。15m50cm近くの跳躍ができるようになれば、関西選手権での優勝は固い。さらに男子やり投げの大西(商3)。昨年はひじのケガに苦しめられたが、回復は順調。力を出し切れれば西日本選手権での優勝も見えてくる。

 

復活が期待される男子やり投げの大西(商3)

 

最後に同志社のエース、男子高跳びの垣添(工4)と男子棒高跳びの多田(商4)。実力がありながらも2人ともケガに悩まされ、垣添は昨年のインカレ11位。多田はインカレに出場すらできなかった。まだ完全に完治はしていないが、2人とも本来の力を出し切ればインカレ上位も目指せる位置には来ている。ラストイヤーの今年。2人が記録で同志社チームを引っ張ってほしい。

 

 

まずは3月20日の学連競技会。今年最初の大会となるため、感覚をつかみ調子を上げていきたいところだ。(中塚昌典)

【3月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について