同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ウィンタースポーツ特集 2012-2013 : スピードスケート部
ウィンタースポーツ特集2012-2013「スピードスケート部」
1年前の自分たちを超えろ!

 

昨年、見事関カレで3位入賞を果たした同志社スピードスケート部。昨年をさらに上回る結果を残すべく、彼らは多くの練習を重ねてきた。

 

 

昨年の関カレでリレーに出場し、チームを引っ張る伊藤(理工4)

 

 

今シーズンに向けて、まず彼らが行ったのは「全員の目標の一致と質の向上」(中島主将・生命3)。目標を関カレ、インカレで昨年の結果を超えることとし、チーム全員で戦うことができるチームになるため、日々の練習の見直しを行った。どうしても大阪のチームより練習量が少なくなってしまう京都。そのため休憩時間を短くしたり、一本一本ベストとを尽くしたり、限られた時間の中での練習の質の向上を行った。また中島主将は、上級生が教え下級生も貪欲に質問などをさせるようチームに指導を行い、練習中も一人ひとり何を考え練習しているかを発表させるなど意識レベルの改善も行った。このことで、これまでの「アットホームで仲良く楽しいスピードスケート部」に加え、「少し厳しく一人ひとりがしっかりしたチーム」に成長。少しずつではあるが自主練の回数も増えている。さらに、チームの競争意識の向上には「伊藤先輩の練習量、取り組み方も大きく影響している」(中島主将)。先輩の背中が彼らの見本となり、チームに大きな変化をもたらしているのだろう。

 

 

そんな伊藤は、昨年11月に行われた今シーズン最初の大きな大会・西日本ショートトラックスピードスケート選手権大会で総合6位に入賞。全日本選手権への切符を手にしている。「ラストシーズンで全日本選手権に出場できたことは本当に嬉しかった。悔いの無いよう全力で取り組んでいきたい」(伊藤)と、4年生最後のシーズンへの意気込みを語った。個人では「関西で個人優勝、全国区での入賞」を目標に掲げる伊藤。今シーズンに向けパワー系の練習も増やし、技術面も磨き上げた伊藤に期待がかかる。また、チームについては「メリハリがある。中島がしっかりまとめてくれている」(伊藤)と語り、中島主将と同じく昨年の結果を超えることを目標に練習に励んでいる。

 

 

今シーズンも後半に差し掛かり、気合が入るスピードスケート部。彼らが目標に掲げている関カレも2月に迫っている。一人ひとりの持ち味を最大限に引き出し、全員で関西の頂点、そして全国の舞台へ――。シーズン後半戦、同志社スピードスケート部の活躍に注目だ!(北田成実)

【ウィンタースポーツ特集 2012-2013バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について