同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ユニフォーム・道具紹介 : 少林寺拳法部
ユニフォーム・道具紹介「少林寺拳法部」

少林寺拳法は1947年、創始者である宗道臣が日本で始めた「護身錬鍛」「精神修養」「健康増進」の三徳を兼ね備える拳法である。

 

 

少林寺拳法の大会では、一般的に2つの種類が存在し、「剛法」と「柔法」の技を組み合わせ演じる「演武」と、技法をより深める修練法として攻守を決めて行う「運用法」がある。「演武」の中でも、2人組で行う「組演武」という攻防を演じるものと、一人で行う「単独演武」がある。他にも「団体演武」というものも存在し、チームでの演武が評価されるものもある。少林寺拳法ではマナーや礼儀も重要視され、技術だけではなく精神面が磨かれているかどうかも問われるため、日常からマナーや礼儀を重んじなければならない。そんな少林寺拳法で使用されるものについて紹介しよう。

 

 

迫力ある演技で他を圧倒する女子団体演武。

 

 

運用法で相手と対峙する小林(法3)。

 

 

「演武」では、道着に身をまといそれぞれの帯をしめた状態で行われる。双方の攻防の動き、技の修得度、防御から反撃への足捌き、体捌きや技を体系的に練り上げているかなどの技術の評価と、礼儀・マナーが評価される。

 

 

「運用法」では「演武」を行う格好に加え、頭と胴に防具を、手に手袋を装着して行われる。審判により技の有効性が判断され、得点が付けられる。有効、技ありなどの評価がつけられ、ポイントの高かった方が勝利となる。安全に考慮したうえで行われるが、こぶしが相手にあたるたびに会場では鈍い音が響く。素早い攻防が迫力満点の競技だ。

 

 

昨年は数々の結果を残してきた少林寺拳法部。今年も多くの華々しい結果を残してくれることだろう。そしてさらなる飛躍にも期待したい。ルールがわかったうえで、皆さんにも会場へ足を運んでみてはどうだろうか。(樋向 健太郎)

     

【ユニフォーム・道具紹介バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について