同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
2018年度 関西大学バレ...
関西学生バスケットボールリーグ戦
'18夏の展望「...
月1座談会 第5弾「縁の下...
課題見えた全日本ダート
水本、悲願のクラス2昇格
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年8月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
ユニフォーム・道具紹介 : アーチェリー部
ユニフォーム・道具紹介「アーチェリー部男子・女子」

 昨年のロンドン五輪では日本人選手が見事銅メダルを獲得し、競技自体がメジャーになりつつあるアーチェリー。同志社大学アーチェリー部も女子は昨年6月に行われた日本学生アーチェリー女子王座決定戦で7年ぶりに優勝するなど、同志社スポーツを盛り上げた。

 

 

リカーブボウ

 

 

アーチェリーで一番に目に付くのはやはり弓だ。選手達はリカーブボウ(RC)という弓を使用している。リムの先端部分で弓が後方に反り返っていることからこう名付けられた。競技の際には弓の振動を除去し安定させるスタビライザーと、サイトと呼ばれる照準器など、的中を向上させるアクセサリーを本体に取り付ける。この種類の弓はオリンピックでも使用されており、現在国内で最もポピュラーなものである。ちなみに持ち運びするときにはすべて分解してケースに収納することが出来る。

 

 

原野(商1)

 

 

小岩(商2)

 

 

矢を射つ際には様々な装備が必要だ。まずチェストガード。これはストリング(アーチェリーの弦)が引っかからないように服をおさえる働きをしている。次にストリングを強く引くことから指先を守るタブ。他にも腕を守るアームガードや弓を落とさないようにするためのボウストップなどのプロテクター類、矢を入れておくクイーバーなど実に様々のものを身につける

 

 

選手の活躍により注目が集まるアーチェリー部。2月には全日本学生室内アーチェリー選手権大会も始まる。彼らの今年の一層の飛躍に期待したい!(田中夕香子)

【ユニフォーム・道具紹介バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について