同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ユニフォーム・道具紹介 : ソフトテニス部
ユニフォーム・道具紹介「ソフトテニス部」

同志社を象徴するカラー、紫。左胸と左足には同志社マーク。誰が見ても、すぐに同志社の選手とわかる。これがソフトテニス部のユニフォームだ。

 

 

淡い紫色のユニフォーム

 

 

ほかの大学のユニフォームでは見かけられない紫色は、ひときわ目立つ。選手であふれる試合会場でも、同志社の選手はすぐに見つけることができる。以前は上下とも白色の、シンプルなユニフォームだった。それが変わったのは2年前。派手なユニフォームが、「最初は嫌だった」(足立)。しかし周りの評判は抜群。今ではこの紫色にすっかり慣れた。

 

 

左胸と左足に存在感を放つ同志社マーク

 

 

そして、ソフトテニスをプレイするにあたって特に欠かせない道具、ラケット。メーカーによって折れにくさなどの違いがある。どのラケットを使用するかで、ボールを打った時の打球感も変わるため、部員はさまざまなラケットのなかから自分が一番使いやすいものを愛用している。しかし、選りすぐりのラケットでもハードな練習で折れてしまうことも。そのため、およそ1年間に1回のペースで新しいものに変える。

 

 

また、ラケットの網の部分であるガットにも特徴がある。直接ボールが当たる部分だからこそ、ガットが切れるペースは早い。人によって多少のバラつきはあるものの、およそ2週間で切れる。後衛の場合、2週間以内に切れることもあるほど。切れてしまったら、新しいものに張り替える。このとき、張り具合を調節することができる。かたく張るとボールが飛ばないため、後衛はかたく張らない場合が多い。反対に、ボールをあまり飛ばす必要がない前衛は、かたく張る場合が多い。プレイにも影響を与えるため、選手は自分好みの張り具合に調節する。

 

 

ガットは好みの色に変えることができる

 

 

輝かしい業績を幾度も残してきたソフトテニス部。誇りを胸に戦う姿は、圧巻の一言。これからも、同志社カラーに身を包んだ彼らのプレイは多くの人を魅了するだろう。(谷 咲奈惠)

【ユニフォーム・道具紹介バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について