同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
ユニフォーム・道具紹介 : 卓球部
ユニフォーム・道具紹介「卓球部」

幅152センチ、長さ274センチの台で目まぐるしいスピードの球を打ちあうスポーツ、それが卓球である。トップクラスでは時速120キロほどの球を打つ。最近ではロンドン五輪の影響もあり、益々人気が増してきている卓球。そんなスポーツのユニフォーム・道具を紹介する。

 

 

団体戦での同志社の選手たち

 

 

同志社卓球部のユニフォームは同志社カラーである紫と白を基調としている。他にもユニフォームはあり、青を基調としたもの、紫がメインのものがある。卓球では、大会が数日にわたることが多くユニフォームが1枚では対応できないため、数枚持つことで対応している。同志社の選手たちはそれらのユニフォームを日ごとに変え、試合に臨む。

 

 

高橋(商1)のラケット

 

 

卓球で使う道具として必要不可欠であるラケット。多くの選手は普段使うものとスペアの2本を持つ。ラケットにもたくさんの種類が存在し、シェーク、ペン、中国式ペンなどがある。ラケットに貼られているラバーといわれるものは1カ月、もしくは半月ほどで貼り替えられる。自らの戦型にあわせ、たくさんあるラバーの中から選ぶ。ラバーにより特徴は異なり、ラバーひとつで戦い方は大きく異なる。

 

 

卓球では、ラケット交換を試合前に行い、ラケットやラバーからある程度どんな相手かを予測する。他にもいろんなところで駆け引きが存在する、深いスポーツである。皆さんもその深さを体感しに会場に足を運んでみませんか。(樋向 健太郎)

【ユニフォーム・道具紹介バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について