同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13春の展望 : テニス部
'13春の展望「テニス部」

目指すは王座!!

 

 

今年度の目標は男女共に「王座出場」。昨年のリーグ戦では男子が2部リーグで全勝し、入れ替え戦の結果1部昇格。一方の女子は1部リーグ4位という結果で1部残留となり王座を逃してしまった。男子にとっては新たな目標、女子にとってはリベンジ。それぞれの思いを胸に新たな同志社テニス部の1年が始まる。

 


男子の新主将は浦上(スポ4)。浦上は昨年の関西学生テニス選手権大会においてシングルスで優勝した実力の持ち主である。また、昨年のリーグ戦でも1部昇格への大きな原動力となった。主将自らチームの軸となり、チームを引っ張る。また、ダブルスでは昨年1年生ペアながら奮闘した井筒(スポ2)・井上(法2)ペアからも目が離せない。

 

 

今年も熱く粘り強い浦上のプレーに期待したい

 

 

1年生ながら存在感を示した井筒・井上ペア

 

 

女子の新主将は大毛(スポ4)。昨年のリーグ戦では6チーム中4位に踏みとどまったが井上(法卒)前主将をはじめとする4年生が抜けた後の穴をどう埋めるかが課題だ。ほとんどが4年生とペアを組んでいたため、必然的にペアの相手も変わる。新たなペアでどこまで突き進めるか――。シングルスだけでなくダブルスにも注目したい。

 

 

冷静に安定したプレーをみせる大毛

 


新体制になって初めて挑むこととなる関西学生新進テニストーナメント。昨年の同大会では浦上・西村(商4)ペアが準優勝という結果を残している。今年は同志社から優勝者が輩出されるか――。同志社テニス部の新たな戦いが始まる。(櫻井知美)

【'13春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について