同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13春の展望 : 弓道部
'13春の展望「弓道部」

悲願達成に向け

 

 

昨年のリーグ戦、女子はブロック内で佛大に敗退。また男子は入れ替え戦まで駒を進めたが近大に敗れ、お互い悲願の1部昇格を果たすことができずに幕を下ろす。リーグ戦を終えた弓道部は新チームで2013年度のシーズンに的を向け、始動した。

 

しかし、新体制になって早々男女ともに部員数の少なさに悩まされている。部員数が少ないことは的に刺さった矢の回収などの練習時の役割分担に支障をきたすからだ。そのため、1本でも矢数を増やすために部員全員が昨年以上に高い意識を持って効率よく練習に取り組んでいる。

 


放たれた矢は撃ってない部員が回収する

 

 

昨年のリーグ戦を含め、公式戦は男女ともに主力の半数が引退した卒業生であったため、現時点では選手層の薄さ、現役選手の実戦経験の乏しさも問題視することは避けられない。「インカレ、リーグ戦に向け、実戦を通して力をつけていこうと思う」(家高女責・法4)。そのため、今年は昨年以上に練習試合を多く組んでいる。1試合1試合結果を出すためにも、今はチーム全体が次の試合に向け立の練習に取り組み、鍛えた実力を試合で発揮できるように日々努力をしている。また、体幹、筋力トレーニングも毎日欠かさないことも重要だ。「フォームを安定させるためにも欠かせない」(本地主将・理工4)。弓を引く際、体を前後に揺らさないためにも腹筋と背筋の強化が必須だからだ。

 

 

立に励む部員たち

 

 

自主練に励む部員と指導する仲川(生命卒)

 

 

今年の目標も1部リーグ昇格。先輩たちの抜けた穴を埋めるだけではなく、昨年のチームを超えるチームを作ることが1部昇格への最低条件だ。「人数が少ない分は一人一人の実力を上げて層を厚くする」(本地)。昨年以上に個々の能力が問われるため、普段の練習に加え休みの日にも多くの部員が積極的に自主練に取り組んでいる。また、「目先の試合、1試合1試合を大事にしていきたい」(家高)。1試合ずつ次の勝利につながる結果を出すことが今年のモットー。小さな勝利を公式戦での勝利につなぐ。勝ちに貪欲な姿勢は昨年にも劣らない。今年こそ悲願達成に向け、弓道部の戦いが幕を切った。(村崎聡哉)

【'13春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について