同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13春の展望 : ヨット部
'13春の展望「ヨット部」

昨年のインカレでは、スナイプ級と総合部門で見事王座に輝いた同志社ヨット部。今年の目標は前述した2部門での二連覇、そして昨年3位に終わった470級を含めた3部門での完全優勝だ。

 


・春合宿
毎年この時期には、ヨット部恒例の春合宿が琵琶湖沿いの艇庫で行われている。間近に迫ったシーズンインに備えて、部員たちは日々基礎練習に励んでいる。また、ヨット競技の技術を磨くことはもちろんのことながら、「チームワークを養うことも、インカレに勝つためには欠かせない」と新主将の藤田(法3)が言うように、この合宿にはチームとしての結束力を高める目的もある。そして合宿が終わると、オープン戦にあたる同志社ウィークを経て、いよいよシーズン開幕となる。

 


・同志社ウィーク
毎年三月、公式戦に先立って開催される同志社ウィーク。その名の通り、同志社大学の主催で執り行われる。他大学や社会人など、様々な所属を持つセイラーたちが参加するこの大会は、選手たちにとって現時点での自分たちの実力や仕上がりを確認する良い機会となる。

 


・インカレへ
世代が代わり、新体制で臨む今年のインカレ。昨年主将としてチームをけん引した西村(商4)等、主力だった4回生が引退したため、レギュラーの座に多くの白紙が生じた。その座をめぐり、激しい争いが繰り広げられている。スナイプ級では、西村が担っていたスキッパーの後釜を埋めるべく、藤田と桂川(法3)の二人が火花を散らす。また、大学で初めてヨット競技に触れた新二回生の成長も著しい。誰が出場してもおかしくない、まさに横一線の争いが続いている。470級では奈良(商3)や豊田(商3)、村田(商1)など、昨年のインカレを経験したメンバーを中心に盤石の体制。主将の藤田は「十分優勝を狙える。選手層は厚い」と胸を張る。

 

 

スナイプ級 左・垣野(経2)、右・柳林(社3)

 

 

470級 左・奈良(商3)、右・北川(商3)

 

 

昨年のインカレは、同志社のホームである琵琶湖で開催された。しかし今年は西宮の海、いうなればアウェーの舞台に戦いの場を移すこととなる。ディフェンディングチャンプという立場ながらも、「気持ちとしては挑戦者」(藤田)。二連覇、そして悲願の完全優勝をかけて――。“航帝”同志社ヨット部の頂点を懸けた戦いが幕を開ける。(笹部拓也)

【'13春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について