同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13春の展望 : バドミントン部
'13春の展望「バドミントン部」
関西リーグ男女優勝を目指して                   

 

 

昨年は秋リーグ男子3位、女子5位と強豪がひしめく中、大健闘したバドミントン部。また、西日本大会での男子団体戦準優勝という功績は記憶に新しい。

 


南(社3)が主将となる新体制のバドミントン部。昨年と大きく変わる部分は男女別々に練習を行うところだ。これまで男女共に同じメニューをこなしてきたが、体力・技術面の事を考え、今年度から練習メニューを別にすることとなった。これにより、男女共に一体感が生まれ、それぞれの目標に合わせた練習が行うことができる。また、男子は春リーグで3位という上位からのスタートとなるので下位の大学から対戦していく。「1試合目の勝敗で雰囲気が変わってくるので、ここは絶対に勝って良い流れに持っていきたい」(南)。過去には1部に上がれず苦しい時代も経験してきたバドミントン部だが、今年はより高い順位を目指して試合に臨む。

 


同志社バドミントン部の魅力は仲の良さと元気のある声援だ

 

 

ヘアピンを決める南新主将

 

 

昨年は矢部(商4)・伊藤(商4)というエース的存在がいて、チームを引っ張っていた。しかし、今年からは3年生が主体となりダブルスのペアも変わっていく。現段階ではダブルスのペアは未定だが、ダブルス・シングルス共に強化し、男女でリーグ優勝することが今年の目標だ。男子のライバルは近大、女子のライバルは龍谷大。期待のルーキーも8人入部予定なので、これからのバドミントン部の活躍に期待がかかる。「高い意識を持って練習に臨むことで、プレーも変わってくるはず」(南)。普段の練習の力を試合でどれだけ出し切れるかが勝負のカギだ。男女リーグ優勝を目指し、チームに勢いをつけて春リーグへと挑む!(榎本香里)

【'13春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について