同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
インカレ個人戦 3位に2人入賞!
関西秋リーグを終え、インカレへ
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13春の展望 : 卓球部
'13春の展望「卓球部」

昨シーズン、思うような結果を残すことが出来なかった男子卓球部。春は関西4位、秋は関西6位と頂点に輝くことが出来なかった。そんな中、男子卓球部で唯一の関西ランキング入りを果たした、エース藤本(スポ卒)の卒業。「状況は厳しい。総力戦になる」(田阪監督)。ここで期待がかかるのは、藤岡(商3)、松本(商3)、尾田(経3)。三人は全日本選手権にも出場した。「伸びしろは十分にある。これからの伸びに期待したい」(田阪監督)。他にも、今西(スポ2)など勢いある選手も多い。チーム一丸となり、どこまで戦えるのか。春からの課題は見えた。

 

 

期待のかかる2人

 

 

相対して女子卓球部は、春は惜しくも関西2位にとどまったものの、秋は関西優勝と輝かしい功績。他にも数々の大会で上位進出を見せた。女子卓球部も、エース玉石(商卒)、的場(スポ卒)などの主力の卒業はあったが、去年の主力は多く残る。そしてそれに加え、大型ルーキー・成本(商1)の加入。「目標は優勝。挑戦者のつもりで挑む」(久保監督)真価の問われる大会はすぐそこまで迫っている。

 

 

男女ともに関西優勝。それを足がかりに全国へと挑む、同志社卓球部の姿に期待したい。(樋向健太郎)

【'13春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について