同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13春の展望 : アーチェリー部
'13春の展望「アーチェリー部男子」

全国の頂点を射抜け!

 

 

昨年は女子が王座獲得を果たし脚光を浴びる中、あまり良い結果が出せず苦汁を飲んだ同志社男子アーチェリー部。今年こそ男子も――。昨年抱いた悔しさと強い思いを胸に、新生アーチェリー部が動き出した。

 

 

昨年までの体制では強くなれない。新体制になり、西村主将は以前までの上回生に従う形を変え、「みんなで改善していく」形に転換。月に一回定期的にミーティングを開き、部の向上に努めている。

 

 

チームをけん引する西村主将

 

 

また仲のいい部活で知られるアーチェリー部。今年もチームの雰囲気が良く、団結力が高まってきている。そんな同志社アーチャーに、今1番足りないもの。それは「点数」だ。チーム力がどんどん向上しているだけに、「あと必要なのは点数の底上げ」(西村主将)。万全の状態で挑むため、この課題をどう乗り越えるかが勝利のカギとなる。

 

 

練習に励むアーチェリー部

 

 

今月から始まるリーグ戦と6月の王座決定戦に向けて、日々練習を重ねてきた男子アーチェリー部。もちろん彼らの目標は「リーグ戦優勝、そして王座でアベック優勝」。6月の大会で王座獲得を果たすためにも、まずリーグ戦で近大・日体大を倒し、勢いをつけたい。今年こそ目標を達成し、男女で全国制覇を果たすため――。同志社アーチャーの戦いが、今始まる。(北田成実)

【'13春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について