同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
田辺での最終戦を完勝で終える
一部昇格決定!
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13春の展望 : ボート部
'13春の展望「ボート部」

頂点に向けて

 

 

昨年のインカレ、舵手なしクォドルプルの準決勝で全国の強敵を前に敗れ去ったボート部。セレクションの選手の少なさをあらためて痛感した試合となった。

 

「強豪に負けない練習量をこなす」(澤主将・スポ4)。代変わりする前から今シーズンに向け、持ち続けてきた方針だ。全国区のチームに勝つためにも、昨年以上に練習に時間を費やしてきた。特に練習で力を注いだのが選手のフォームの統一。「強豪に共通していえることは息の合った漕ぎができること」(万木・理工4)。フォームの統一はレートの上昇につながる。いかにしてレートを速めるかがインカレに向けた課題だ。

 

 

チーム力の底上げにはボート部員全体のフォームの統一が不可欠だ

 

 

また、エルゴメーターを使ってスタミナを上げる陸上トレーニングも欠かせない。有酸素運動の激しい競技のため、心拍数の強化も勝因にたずさわる重要な要素である。

 

 

エルゴメーターでトレーニングする君和田(経3)。午後は筋トレ等の陸上トレーニングも行う

 

 

「インカレを制すには檜垣(文情4)がカギを握る」(澤)。檜垣のポジションは艇のペースを作るストローク。勝敗の命運を分ける艇の速度作りを託されている。もちろん他の船員もそのペースに合わせなければならない。より完成されたチームワーク、意識の共有が重要となる。そのため、毎時乗艇後にはミーティングが必要不可欠だ。

 

 

インカレ優勝を最終目標に掲げ、漕ぎ始めた同志社ボート部。最後のシーズンを迎える4年生は気合いに満ちている。「朝日レガッタ、関西選手権で結果を出せばインカレ優勝も見えてくる」(万木)。まずは関西制覇。確かな実力こそが全国の舞台へ大きな自信を生む。各大会覇者に同志社ボート部の名を刻むことを期待したい。(村崎聡哉)

【'13春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について