同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13春の展望 : ソフトボール部
'13春の展望「ソフトボール部男子」

今年こそインカレへ

 

 

昨年はインカレ出場を逃し、春・秋リーグ共に4位と納得のいく結果を得られなかった男子ソフトボール部。今年度の目標は「リーグ優勝でインカレに出場する」(井部主将・商4)ことだ。

 

 

中原副キャプテン(商3)を中心に練習を確認している選手たち

 

 

昨年のリーグ戦で課題であった投手陣。四死球を与えてしまうと、そこから得点を奪われてしまう場面も多々あった。だがオフシーズンを越え、春リーグを目の前に佐復(商3)、橋本(商3)、佐野(政策2)の「誰が先発してもいける」(中原)と自信をのぞかせるほど成長したという。また、新戦力として期待を集めるのが、ルーキーの太田(スポ1)と茶畑(スポ1)だ。華麗な守備を魅せる太田、打撃が好調の茶畑。この2人の起用も濃厚だろう。一方、駒揃いの打撃陣では、中軸に昨秋のリーグでも活躍した佐野、チャンスに強い神保など力のある面々も控えている。上位から下位まで穴がない強力打線。好機を逃さずに確実に点を重ね、勝利を掴んでいく。

 

 

佐復の投球

 

 

橋本のピッチングに期待!

 

 

調子のよい佐野

 


どの大学が優勝してもおかしくないほど実力が均衡していた昨秋の関西リーグ。「流れを掴んだもの勝ち」と振り返った井部主将。今季、同志社が優勝を掴むためにも、まずは初戦の立命館を倒すことが重要だ。一つ一つ勝ち星を重ねていき、リーグ優勝、そして悲願のインカレへと駒を進めたい。(佐藤和香)

 

 

練習後に盛り上がる選手たち

 

 

昨秋、DPとして出場し、今季も活躍が期待の中山(政策4)

【'13春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について