同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
一部昇格決定!
2年ぶりのインカレも初戦突...
'17秋の展望 ...
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
'13春の展望 : 相撲部
'13春の展望「相撲部」

安心感

 

 

昨年、西日本選抜大会2連覇、全国選抜大会で3位に入るなど活躍が目立った同志社相撲部。11月に行われたインカレでは、2年前に味わった屈辱の予選敗退という結果にリベンジし、ベスト8という結果でシーズンを終えた。着実に強い同志社に戻りつつあるのだが、今季は主力3人が抜け、苦しい戦いが予想される。

 

 

今季主将を務める大喜多(商4)

 


昨年まで団体戦でチームを勝利に導いてきたのは神山(社卒)、小林(法卒)、竹村(商卒)。「去年は後ろに必ず取ってくれる人がいたので、思い切って相撲を取れた」(大喜多主将)。この3人の団体戦の成績は勝率9割を超え、たとえ前の3人で負けても後ろが何とかしてくれる安心感があった。今季はそのような安心感を作って後輩に思い切って相撲を取らせるかが重要なカギとなる。

 

 

膝のケガが完治し、万全の状態でラストシーズンを迎える木原(法4)

 


チームを引っ張るのが主将の大喜多と木原だ。昨年は全国体重別選手権でベスト8に入り、インカレでは、日体大に唯一土をつけた。今季は主将として、「行動や結果でチームを引っ張りたい」と、意気込む新主将に期待がかかる。強豪・金沢学院東から来て3年。同級生は関東の強豪拓殖大や日大に進学する中、同志社を選んだ木原。昨年は5月にケガを負い、インカレで復活するも、本調子とはほぼ遠く勝利に貢献できなかったが、今年はケガも完治し万全の状態でラストシーズンに挑む。

 


体幹トレーニングで体の芯から鍛える太田(社3)

 

 

チームの中核として期待される築本(法3)

 

 

5人で行われる団体戦。大喜多、木原に次いでメンバー入りを狙うのは、昨年西日本学生選手権個人3位の築本、腰のケガがようやく癒えてきた太田、ようやく大学相撲に慣れ、自分の押し相撲ができ始めてきた寺本(社2)の3人。それに加え、高校選抜大会個人戦でベスト8入りしたルーキー青山(商1)も、3月から稽古に参加し、1年目からのレギュラー入りを虎視眈々と狙っている。

 

 

大喜多(左)と木原(右)の二人が安心感を与えれるかが団体戦の勝利のカギを握る

 

 

「木原と僕は星を落とさない。自分たちが勝つことがチームの勝利につながる」(大喜多主将)と、最上級生2人が後輩に思いっきり相撲を取れるような安心感を作れるかが11月まで続く団体戦での勝利につながる。初戦は4月29日に行われる全日本大学選抜宇和島大会。今年度一発目の全国大会で各大学の戦力がようやく明らかになってくる。同志社も例年よりも合宿期間を早めて調整を行い、この大会に比重を置いてきた。「絶対に取ってくれるという安心感」。それを後輩たちに与える1番を取れるか。今年度の初戦が今シーズンを占うこととなるだろう。(尾藤央一)

【'13春の展望バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について