同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
大学アイスホッケー交流戦
13人でつかんだ勝利
‘18ルーキー特集「ラクロ...
3年生チームで勝利掴む
‘18ルーキー特集「ラクロ...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2018年7月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
3月のWEB企画 : ラクロス部
2010年展望「男子ラクロス部」

第13回
2010年展望「男子ラクロス部」

 

<企画概要は第0回のページをご覧ください>

 

チーム一丸となって


昨年度は、関西5位という不本意な結果に終わった男子ラクロス部。2010年同志社ラクロス部の主将を務める箕輪(工4)は、「自分たちの定めていた基準が低かった」と昨年度の反省を語る。開幕戦は黒星スタート。徐々に持ち直し、終盤は勝利を重ねるも結果は8チーム中の5位。目標の”関西制覇”には程遠いものだった。

 

 

 

新チームをひっぱる箕輪主将

 

 

 

 

新体制になったチームの状態は、「去年よりも個々の基礎的な能力が高い」。(箕輪)注目選手は、チーム1の得点力を誇る木田(経4)、ディフェンスの要・嘉数(法4)。「今の時期はどれだけ客観的にチームを見られるか。自分はプレーヤーとしてだけでなく、コーチ的な役割も果たさなければいけない」。(箕輪)彼ら4年生を中心に、この春試合を重ねチーム作りに励む。

 

 

 

シュート練習をする部員

 

パスキャッチの練習をする部員

 

 

 

2010年同志社ラクロス部、始動

 

 

2010年、今年の男子ラクロス部はどのようなチームになっていくのか。チーム一丸となって、今年こそ”関西制覇”を成し遂げてしてほしい。(本紙ラクロス部担当)

 

【3月のWEB企画バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について