同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト

トップページ | アトム紹介 | お問い合わせ | サイトマップ | 定期購読のご案内
硬式野球 | ラグビー | サッカー | アメリカンフットボール | バスケットボール | アーチェリー
TOP PAGE > ウェブ企画 > Web企画
第90回日本学生氷上競技選...
第90回日本学生氷上競技選...
'17秋の展望 ...
阿吽の呼吸で勝ち取った念願...
有言実行!新人戦タイトル獲得!
'17秋の展望:...
'16秋季リーグ報告号
'16夏の熱戦報告号
同立戦は関西だけじゃない!
ラクロス部・中山怜美さん、...
HEADLINE TOPICS SCHEDULE SPECIAL CONTENTS PAPER INFO
2017年11月
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
硬式野球“Atom Selection ‐2013 spring season‐” : 硬式野球部
流れ呼び込む好リリーフ:柏原史陽

チームのリーグ戦初勝利をかけて臨んだ対京大1回戦。2点を先取され、追いつくもまだ予断を許さない場面で、國正(経4)の後を受けてマウンドに立ったのが今季初登板となる柏原史陽(理工2)だった。

 

 

この試合でリーグ戦初勝利をマークした柏原

 

 

「任されたイニングをしっかり抑えるだけ」と、マウンドに立った柏原は5回のピンチを落ち着いて切り抜ける。6回にチームが勝ち越すと、圧巻はその裏。「低めにノビのある直球を」と、冬の間に球質改善に取り組んだ直球を軸に、今年から本格的に投げ始めたチェンジアップとの緩急も駆使し2者連続の三振を含む三者凡退で、京大打線の勢いを完全に止めた。

 

 

7回には、味方のエラーでピンチを背負うものの、「しっかり腕を振った」直球で三振を奪い、無失点で切り抜けた。すると次の回以降は完全に同志社のペースで試合が展開される。終わってみれば7-2。柏原の被安打わずか2、四死球0、奪三振7という完璧に近い好リリーフが呼び込んだ勝利といっても過言ではないだろう。

 

 

ベンチに迎えられる

 

 

1年生で、「とにかく無我夢中で先輩について行った」昨年とは違い、「自分で考えて投げれるようにしていきたい」と精神面での成長もうかがえた。小玉監督からも、「スピードで圧倒するピッチャーになってほしい」と期待されるリリーフエースのフル回転が、同志社の優勝には欠かせない。(大原和也)

 

 

 

柏原史陽(かしわばらふみあき) 理工学部2年生 桐光学園高校 投手 右投右打

【硬式野球“Atom Selection ‐2013 spring season‐”バックナンバー】
同志社スポーツヘッドライン | トピックス | 試合速報 | 試合予定 | ウェブ企画 | 紙面紹介
リンク | プライバシーポリシー | 広告掲載について