硬式野球部
HEADLINE

【硬式野球部】リーグ戦初陣飾る

4月9日、マイネットスタジアム皇子山(滋賀県)で2022年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第2節対関学大1回戦が行われた。同志社は1-0で勝利を収め、初戦を白星で飾った。

勝利を決め喜ぶ選手たち

新チームで挑む初の公式戦。昨春優勝の関学との試合に臨んだ。

先発を務めたのは髙橋。1回表を無失点で抑えると、その裏、3連打で2死一、三塁のチャンスを作る。しかし、橋本光(商3)がショートゴロに倒れ、得点にはつながらなかった。

先発を務めた髙橋(スポ4)

その後、均衡した状態が続く。両者無得点のまま6回裏を迎えると、連打で得点圏に走者を進めた。橋本光に代わって松井(スポ3)が打席に入ると、相手投手の暴投により得点を奪う。しかし、後続が倒れ、点差を広げることはできなかった。

7回表。1死一、二塁のピンチの場面で先発・髙橋に代わって真野がマウンドに立った。「ピンチだったんですけど、絶対抑えようと思っていきました」(真野)。冷静な投球で相手打線を封じ込め、スコアボードに0を並べる。そのまま勢いを崩すことなく安定したピッチングで得点を許さない。9回表、一打逆転のピンチを背負うも、2者連続三振でゲームセット。開幕戦を勝利で飾った。

ガッツポーズをする真野(スポ3)

「これまでも開幕戦を取れたことは多かったんですけど、そこから勝ち点まで結びつかなかったので、明日2戦目で終わらすことに意味があると思う」(青地・スポ4)。初陣を飾り、順調なスタートを切った青地組。2連勝で勝ち点を奪取し、リーグ戦優勝に向けて突き進め。
(文責・大西皐月、撮影・伊藤千遥、丸山潤一郎)

ページ上部へ