硬式野球部
HEADLINE

【硬式野球部】快勝で開幕4連勝

春リーグ開幕戦から4連勝がかかる今試合。なんとしても、先制点を挙げ、有利な試合展開にしたい同志社。

1回裏、2アウトから出塁し2死満塁のチャンスを作る。打席には6番の吉田周(スポ3)。「形より結果にこだわる」そんな気持ちで打席に入った。ファールで粘って迎えた6球目。ライト方向へ痛烈な当たりでツーベースヒットを放ち見事先制点を上げた。

ヒットを放つ吉田

その後も同志社の猛攻は止まらない。2回も同様、満塁のチャンスが生まれる。下位打線から作ったチャンスで、クリーンアップが機能し一挙4得点を奪った。3回以降も要所要所で追加得点を挙げ、京大相手にさらに点差を拡げた。

投げては先発の小倉(経4)。「攻撃のリズムを作ろうと思った」。安定感のあるピッチングで5回まで相手打線を2安打に抑え、スコアボートに0を並べる。先発としての役割を果たし、チームの勝利に貢献した。

先発の小倉

6回以降継投に入り、東山(心理4)が登板。小倉同様見事なピッチングを見せ、無失点で切り抜けた。「星加が相手バッターを研究してくれた」と試合後語った東山。バッテリーとの連携が垣間見えた。

2番手投手の東山

次戦は近大戦。これまで全勝と乗りに乗っている対戦相手だ。それでも、攻守ともに波に乗る青地組が対抗する。甲子園という伝統ある球場で圧巻の試合を見せるべく、同志社の勢いは止まらない。持ち前の強力打線で、得点を量産せよ。

(文責:西川真司 撮影:山田和輝)

スタメン
(一)堀内4
(二)川久保6
(三)杉浦8
(四)中辻9
(五)青地7
(六)吉田周5
(七)福岡3
(八)星加2
(九)小倉1

(同志社) 小倉、東山、高木ー星加
(京大) 西宇、村尾、徳田、水口、青木健、今井ー水野、青木悠

ページ上部へ