硬式野球部
HEADLINE

【硬式野球部】白星奪取で3回戦へ

 4月23日、甲子園球場(兵庫県)で2022年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第4節対近大2回戦が行われた。同志社は5ー1で勝利し、勝ち点の行方は3回戦に持ち込まれることとなった。

 初回、先発の小倉(経4)の制球が定まらず1死一、二塁のピンチを招くも、併殺打で切り抜ける。
その裏、先頭打者の堀内(法1)が内野安打で出塁。さらに2番川久保(スポ2)が死球で出塁し無死一、二塁の場面を作ると、打席には3番の杉浦(商4)。相手投手の失策で先制点を奪う。4番中辻(法3)は三振に打ち取られるも、5番青地(スポ4)の一ゴロ、6番中森(法1)の中適時打で初回に一挙3点を奪った。

適時打を放つ中森

 2回裏、先頭の星加(法4)がセンターへの安打で出塁すると、9番小倉がバントを成功させ1死二塁のチャンスを演出する。1番堀内の打席の間に星加が盗塁。堀内がスクイズをきっちり決め追加点。
さらに4回裏にも押し出しで1点を追加し、確実に点差を広げた。

 3回表、小倉が無死一、二塁のピンチを招くと、継投に入り東山(心理4)がマウンドへ。しかし、ランナーを三塁に進められると、ショートへの内野安打で1点を返される。しかし、「割り切って投げられた」と、以降は要所を締めるピッチングを見せる。

守備陣を称える東山

  8回からは真野(スポ3)が登板。きっちりと0点に抑え、見事勝利を収めた。

力投する真野

 「なんとか首の皮一枚つなげてよかったかな」。(青地)目標である全国の舞台へ、3回戦でなんとしてでも勝ち点を奪いたい同志社。目の前の勝利を貪欲につかみ取りたい。(文責:藤本知優、撮影:杉山舞)

スタメン
(一)堀内4
(二)川久保6
(三)杉浦8
(四)中辻9
(五)青地7
(六)中森3
(七)吉田周5
(八)星加2
(九)小倉1

(同志社) 小倉、東山、真野ー星加
(近大) 大石、森本、一文字、小森、寺沢-西川、黒川

ページ上部へ