硬式野球部
HEADLINE

【硬式野球部】痛い黒星

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
同志社 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 4 1
関大 0 0 0 2 0 0 0 5 X 7 10 0

 5月15日、南港中央公園野球場(大阪府)で2022年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第7節対関大2回戦が行われた。同志社は7-0で敗北し、明日の3回戦へと望みをかけた。

 先発を任されたのは小倉(経4)。初回、3回と四球が続き、序盤から得点圏にランナーが進む。2死一、三塁で一打先制の場面、ここで同志社は早くも継投策に。代わった髙木(商2)が着実に抑えると、攻撃へとつないだ。

 4回表、1死から杉浦(商4)が三塁線ギリギリのツーベースヒットを放つと、青地(スポ4)も同方向へのヒットで2死一、三塁。本日最大のチャンスをつくる。ここで打席に立ったのは福岡(法3)。何とか先制したい場面だが、打った球は詰まって二ゴロに。惜しくも得点には至らなかった。

 その裏、代わった東山(心理4)がマウンドに上がる。3ボールから左安打を放たれると、関大の勢いにのまれ、さらに右適時打。ランナーがかえり、貴重な先制点を奪われた。

投球する東山

 その後もピンチは続き、1死三塁の場面。飛び出したランナーを三本間で挟み、アウトかと思われた。しかし、ここでまさかの送球ミス。ボールがランナーに当たり、その間に生還。2-0に。思わぬミスに星加(法4)も落胆する。

悔しがる星加

 その後は打線が振るわず、3者凡退。相手投手を攻略できないままスコアボードに0が並ぶ。

 8回裏、代わった真野(スポ3)の制球が定まらず、2者連続で四球を与える。1死一、二塁で中適時打を放たれると、送球が間に合わずそのままランナーが生還。1死三塁のピンチが続く。
 蘇る去年の悪夢。関大の攻撃は止まらない。さらにスリーベースヒットが続き、2人が生還。続く打者もツーベースヒットと大量失点を許す。1人を三振に打ち取るも、またもやスリーベースヒット。
「張られている真っ直ぐで、張られながらも押し切ることができなかった」(真野)。本来のピッチングを発揮することができないまま、この回一挙5失点。7ー0と大差をつけられた。

顔をしかめる真野

 最終回の代打策もむなしく、最後まで打線が振るわないまま敗北。2試合連続本塁打を放つなど、盛り上がっていた打線も今日は沈黙のまま、相手投手の好投には敵わなかった。「優勝をどこかで意識してしまって攻めきれなくて、すごく悔いの残る試合だった。明日は誰よりも闘志を出して、いい試合、いいキャプテンになれるように強い気持ちを持ってグラウンドに上がりたい」(青地・スポ4)。
 
 全国へ向け、絶対に負けられない同志社。気持ちを切り替えて再起を図り、明日の3回戦での勝利を誓う。
(文責:伊藤千遥、写真:杉山舞、丸山潤一郎、城山歩美)

スタメン
(一)堀内4
(二)川久保6
(三)杉浦8
(四)吉田周3
(五)青地7
(六)福岡3
(七)松井9
(八)星加2
(九)小倉1

(同志社) 小倉、髙木、東山、真野ー星加、有賀
(関大) 金丸ー有馬

ページ上部へ