硬式野球部
HEADLINE

【硬式野球部】快勝で神宮へ前進!

TEAM R H E
関大
同志社 X 10

5月16日、南港中央公園野球場(大阪府) で2022年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第4節対関大3回戦が行われた。同志社は7ー0で勝利し、関大から勝ち点を奪取した。

  大事な3戦目、先発を任されたのは髙橋。「とにかく5回まで投げられれば」。序盤からエンジンは全開だった。初回を危なげなく3人で抑えると、ランナーを出しつつも6回までホームを踏ませない無失点投球。短い登板間隔をもろともせず、期待に応えた。

先発を務めた髙橋(スポ4)

 何とか先制したい打線は初回、先頭堀内(法1)のヒットで出塁するもその後が繋がらず。2回も得点を奪えなかった。

 3回、髙橋のヒットから好機を作ると2死三塁で打席には浅野。打った打球は一、二塁間を抜けライト前へのタイムリーヒットに。見事先制点となった。

先制打を放った浅野(法2)

追加点を加えたい同志社は6回、浅野、杉浦の連打で1死一、三塁のチャンスを作る。しかし、吉田(スポ2)のスクイズが決まらず、浅野が塁間に挟まれ走塁死。チャンスを生かすことができなかった。

  7回、好投を見せた髙橋から東山(心理4)にスイッチ。先頭打者にフォアボールを出し2死一、三塁のピンチを招くも、切り抜け流れを引き寄せた。

 するとその裏、投手陣の力投に打線が応え、打者一巡の猛攻を見せる。6番細江(スポ1)のレフト前ヒットを皮切りに2死一、三塁となり、打席には公式戦初打席の山元。「ここで1点取ったらチームに流れが来るっていう思いで、優勝につなげる一打にしようと思いました」。打った打球はレフトへ飛び公式戦初ヒット。これが貴重な追加点となった。さらに浅野のタイムリーで2点を追加すると、3番杉浦にも走者一掃のタイムリースリーベースが飛び出し2点を追加。相手の失策も重なり一挙6得点を挙げ、一気に突き放した。

公式戦初安打を放った山元(スポ2)
適時三塁打を放った杉浦(商4)

  8回からは真野(スポ3)が登板。前日の悔しさを晴らす快投を見せ、試合を締めくくった。

  絶対に落とせない一戦で勝利をつかんだ青地組。優勝の行方は今週末の同立戦へと持ち越された。「勝ち点を挙げるしか優勝する道はない」(青地・スポ4)。手の届きかけた神宮行きの切符を全員でつかみ取る。

(文責・藤本知優、撮影・杉山舞、丸山潤一郎)

スタメン
(一)堀内4
(二)浅野7
(三)杉浦8
(四)吉田周3
(五)青地9
(六)細江5
(七)川久保6
(八)星加2
(九)髙橋1

(同志社) 髙橋、東山、真野ー星加
(関大) 定本、辰巳、茶谷、田中湧ー有馬

ページ上部へ