硬式野球部
HEADLINE

【硬式野球部】本塁遠く敗北

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
立命大 0 0 1 0 0 0 0 0 0 1 8 1
同志社 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 5 0

 5月21日、わかさスタジアム京都で2022年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第8節対立命大1回戦が行われた。同志社は0-1で敗北。優勝の行方は明日以降に持ち越しとなった。

試合後整列する選手達

 満を持してマウンドに上がったのはエース髙橋。初回、先頭打者に二塁打を許しランナーを得点圏まで進めるも、0点に抑える。しかし3回、1死二塁に置いた場面。2番宮崎のセカンドへの内野安打の間に、ランナーが生還。先制点を奪われてしまう。その後は粘り強く投げ、最終的に7回1失点。エースとしての役割を十分に果たした。

先発を務めた髙橋(スポ4)

 何とか得点をもぎ取りたい同志社。初回、2番浅野(法1)のヘッドスライディングが実り内野安打で出塁するも後がつながらない。その後も5回まで各回ランナーを出すものの、得点を奪取できなかった。

 8回からは継投策を講じ真野が登板。テンポよく3人で抑え、攻撃に流れを呼び込む。

好投を見せた真野(心理3)

 するとその裏、先頭の堀内(法1)が失策で出塁すると、2番浅野が初球で送りバントをきっちりと決めチャンスを演出する。2死三塁となり打席には代打松井(スポ3)。フルカウントまで持ち込むも三振に倒れ、1点が遠い展開が続いた。

2安打を放った浅野(法2)

 最終回、6番釜萢(経3)が四球を選び出塁。そして、同志社は俊足篠原(スポ3)を代走に起用した。しかし、相手キャッチャーの好返球により盗塁死。一気に流れは立命大へ。川久保が三振に倒れ試合終了。相手投手を攻略できず、無念の完封負けを喫した。

 11年ぶりの関西優勝に向け、負けられない初戦に破れた同志社。必ず白星を奪い取るべく、明日の1戦に全員野球で挑む。(文責・藤本知優、撮影・杉山舞、松井麻衣、丸山潤一郎)

スタメン
(一)堀内4
(二)浅野7
(三)杉浦8
(四)吉田周3
(五)青地9
(六)釜萢5
(七)川久保6
(八)星加2
(九)髙橋1

(同志社) 髙橋、東山ー星加
(立命) 秋山ー浅野

ページ上部へ