硬式野球部
HEADLINE

【硬式野球部】まさかの2連敗、、自力優勝消滅

TEAM 1 2 3 4 5 6 7 8 9 R H E
同大 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 2 1
立命 0 0 0 0 0 0 0 2 X 2 6 1

5月22日、わかさスタジアム京都で2022年度関西学生野球連盟春季リーグ戦第8節対立命大2回戦が行われ、同志社は0-2で惜しくも敗北した。第1戦はエース秋山を攻略できず、敗北を喫した青地組。何としても明日へつなげるべく、重要な1戦に臨んだ。

 1回表、リードオフマンの堀内(法1)が出塁し、盗塁に成功。1死二塁の場面で先日無安打の杉浦(商4)に打席が回る。変化球に上手くタイミングを合わせ、セカンドの頭上を超え打球はライトへ。チャンスを広げ、ここで4番吉田周(スポ2)がバッターボックスに入った。しかし、惜しくも併殺打となり初回は無得点となる。

 同志社は、東山(心理4)がマウンドに上がった。初回、1番打者に四球を許し、2番主将の宮崎に犠打を決められピンチを招く。しかし、立命が誇る3番、4番のクリーンナップを抑え、得点を許さない。

好投を見せる東山

 3人で抑えたい2回裏。先頭バッターを釜萢(経3)のエラーで出塁を許すと、続く6番に手堅く送られ、7番に四球を許し、1死一、三塁の場面となる。ここで昨日2安打を放っている浅野との対決を迎えた。なんとしても抑えたい東山。インコース高めのストレートで一邪飛で抑え込む。そして、9番打者を二ゴロで打ち取り、無失点で切り抜けた。

3回表、下位打線でチャンスを作りたいところだが、Max151キロのストレートを軸に投げる長屋を捉えることができず、この回も3人で抑えられる。

4回裏、立命の勢いを止めたい東山。巧みな投球術で相手打者を翻弄(ほんろう)。今試合初の3者凡退で抑え、同志社へ流れを引き寄せた。

突破口を開きたい5回表。先頭青地(スポ4)、釜萢が鋭い当たりを放つも、相手の好守備によりチャンスメイクすることができず。この回も無得点となった。

5回裏、8番打者のセカンドへの強襲ヒット、9番長屋の犠打によりチャンスが広げられる。ここで、昨日から当たっている神先を迎えるも、右飛に抑えた。ここで同志社は、東山から高木(商2)へスイッチ。技巧派サウスポー対主将宮崎の勝負となる。初球、140キロのストレートでストライクを奪うも、3球ボールが続き、迎えた5球目。宮崎が右安打を放ち、立命の先制かと思われた。しかし、ライト青地の好返球により、ランナーはタッチアウト。なんとかピンチを防いだ。

タッチをする左・星加、スライディングする右・浅野(立命大)

6回裏、2番手・橋本裕(商1)がマウンドに上がり、桃谷を三振に打ち取る。ここで、同志社は早くも小倉(経4)をマウンドへ。力のある球を投げ込むも、白瀧に出塁を許る。しかし、星加(法4)が盗塁を防ぎ、小倉が5番田中を三振で抑え、この回も無失点で切り抜けた。

8回裏、試合が動いた。代打で登場した山縣が右安打で出塁し、上位打線へとつなげる。1番神先が犠打でランナーを進め、ここで宮崎がバッターボックスに立った。インコースのストレートを逆らうことなくライトスタンドへ弾き返した。痛恨の2失点を食らった同志社。ここで小倉を諦め真野(スポ3)をマウンドに上げ、後続を抑えて9回の攻撃へ。

落胆する小倉

最終回、松井(スポ3)が代打で告げられ、バッターボックスに入った。何としても塁に出たいところだが、最終マウンドを任された荒井に三振で打ち取られる。続く堀内、浅野も気迫のこもったプレーを見せるも、相手の投球を攻略することができず、試合終了。0-2で惜しくも敗れ、自力優勝が消滅した。

自力優勝への道が閉ざされ、神宮への切符は明後日の近大対京大戦に委ねられた。近大が勝利を収めれば、準優勝となり、京大が勝利すれば同志社の11年ぶりの優勝が決定する。どのような結果となっても、全員野球で幾度の困難を乗り越えてきた青地組。この経験を糧として、新たなる挑戦が始まる。(文責・山田和輝、撮影・丸山潤一郎)

スタメン

(一)堀内 4
(二)浅野 7
(三)杉浦 8
(四)吉田周3
(五)青地 9
(六)釜萢 5
(七)川久保 6
(八) 星加 2
(九) 東山1

(同志社)東山、髙木、橋本裕、小倉、真野ー星加

(立命館)長屋、荒井ー浅野

ページ上部へ